会員83万人の『koebu』、カヤックからサイバーエージェント子会社に事業譲渡

写真拡大

 株式会社カヤックが9月30日、同社が2007年から運営している音声投稿コミュニティサイト『koebu(こえ部)』の事業譲渡を発表した。
譲渡先は、株式会社サイバーエージェントが設立した事業子会社の株式会社koebu。

 『koebu(こえ部)』は、2007年サービス開始以来、歌、セリフ、ドラマ、ラジオ等、音声コンテンツの投稿や試聴ができるサイトとして会員数83万人(2014年9月時点)を集めてきた。
また、オーディション開催や、有名声優・タレントによる収録コンテンツ、リアルイベントなどの提供も積極的に行っており、2013年にはスマートフォンアプリも対応している。

【関連:30年運営宣言のMMORPG『ココロア』、2年でサービス一時停止】

koebu

 今回の事業譲渡について同社は、「サービスの更なる成長を鑑み、自社コミュニティサービス、スマートフォンゲームなど有力コンテンツを数多く運営するサイバーエージェントグループの同社への譲渡に合意した次第です。」と、発展的譲渡であることを説明している。