意外と知られていない… 実は「満足度ランキング1位」のスマホとは?
現代のマストアイテムとなった、スマートフォン。本来の「通話」という機能だけでなく、家族や友人とのコミュニケーションはもちろん、仕事に、オフの過ごし方にと、様々なシーンに影響を与えている。例えば、通勤時間に最新ニュースをチェック、クラウドサービスにあげていた仕事の資料を確認、旅先で感動的な風景を撮影してSNSに投稿…etc。もはや生活の中での相棒とも呼べるスマートフォン。かつてこんなにも暮らしの中で活躍するデジタルアイテムがあっただろうか!?

では人々はその“相棒”を、どのように選んでいるのか。
人気の製品だから? デザインが画期的だから? 好きなブランドだから? 理由はいろいろだが、ひとつの指標となるのが、オリコンが発表した、スマートフォン端末の『満足度ランキング』。2013年度発売のスマートフォン利用者3661人の、使用しているスマートフォンの満足度を調査したこのランキング。見事1位に輝いたブランドは、富士通ARROWS」シリーズだ。

そんな「ARROWS」シリーズの最新作「ARROWS NX F-02G」が、ドコモから発表となった。特筆すべき点は、これらの4つ。

その1:Retinaよりキレイ!? 画素密度が高い、世界最高峰の美しいディスプレイ!



「ARROWS NX F-02G」には、ドコモスマートフォンで初めて、世界最高峰の高精細「WQHDディスプレイ」を搭載。しかも5.2インチの大画面仕様。スマートフォンなのに、大迫力かつ美しい映像を楽しむことができる。正直、最近発売された某USブランドのスマートフォンよりも美しいディスプレイだ。その画素数は、なんとHD端末のおよそ2倍 に相当する、564ppi! きめ細やかな高画質と5.2インチ大画面で、映画をはじめとした映像コンテンツを存分に楽しめる!

その2:従来比約3倍の通信速度&マルチコネクションで安定した通信を実現!



「ARROWS」シリーズを開発する富士通独自の高速ダウンロード性能を、Wi-Fiと3G/LTEの2つのネットワークで同時に行うことで、「ARROWS」史上最速の通信速度を実現。高画質の動画でもストレスフリーで楽しむことができる。

その3:世界一の心地よさを追求! 「ヒューマンセントリックエンジン」&「パーソナルアシスト」



「ヒューマンセントリックエンジン」という、富士通独自の新開発エンジンが、ひとりひとりのライフスタイルにあわせて使用感をサポートしてくれる機能が秀逸。例えば、「持ってる間ON」。傾きや揺れから”持っているかどうか”をチェックして、使用中に自動スリープになることを防止。 さらには「あわせるローテーション」は、インカメラが顔の向きを検出して、正しい画像表示をアシスト。誤った画像回転によるイライラを解消してくれる。

そして「パーソナルアシスト」は、使用者の習慣を学んで、適切なアプリをアシストする機能。例えば、緯度経度からその人が今どこにいるかを調べ、駅にいるなら、電車待ちのときによく使うアプリを分析予測して表示。出張や旅行などと判断したら、アラーム機能を表示して寝坊しないようにアシスト、といった具合だ。

ほかにも、スマートフォンを快適に使える機能が満載! “自分に一番使いやすいスマートフォン”になってくれる、というわけだ。

その4:3日間を超える電池持ち!



大容量3,500mAhバッテリーと「ヒューマンセントリックエンジン」による省電力機能により、動画も電池残量を気にせず、存分に楽しめる! 1回のフル充電で、最大3日間以上も電池が持つので、充電を気にしながら使うなんてこともない。また、「NX!エコ」という機能によって、指定の電池残量や時間帯になると、自動的にエコモードが起動。電池切れの心配も必要ない。さらに、万が一電池切れとなっても 、急速充電によりわずかな時間で十分に使えるだけの充電ができる。朝起きたときに電池残量が少なくても、出かけるまでの間には存分に使えるだけの充電が可能だ。

顧客満足度1位も納得の、これだけの機能性。その目で、その手で、体感してみてはいかが?
[PR記事]


■関連リンク
ARROWS