「建物は、もっと自然環境に『からまる』べきだ」。平田晃久は、周辺環境と接点をもたない、コントロールされた20世紀の建築に対立する方法論として、「エコロジカルな建築」を提唱している。その方法論を大規模に運用していくには、人々の豊かさの価値観も変わる必要があるという。彼が提案する「新しいラグジュアリー」は、都市に乱立する高層ビルの風景をも変える力を持つものだ。

「「コントロールから『からまり』へ。都市をも変える価値観の変換」平田晃久(建築家)」の写真・リンク付きの記事はこちら

平田晃久 | AKIHISA HIRATA
一級建築士。1997年に京都大学大学院工学研究科を修了後、伊東豊雄建築設計事務所に勤務。2005年に独立し、平田晃久建築設計事務所を設立。主な受賞に、07年JIA新人賞、12年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展・金獅子賞などがある。

「芸術のオリンピック」とも呼ばれるヴェネツィア・ビエンナーレ。その国際建築展において、2012年に陸前高田「みんなの家」をテーマとした日本館展示が、最高のパヴィリオン賞(金獅子賞)を受賞した。コミッショナーの伊東豊雄を筆頭に、平田晃久が、同年代の建築家である藤本壮介や乾久美子らと共同で設計したものだ。また、同じ年に釜石市の災害復興公営住宅設計プロポーザルでも最優秀に選ばれている。2013年、ミラノサローネで開催された『LEXUS DESIGN AMAZING 2013 MILAN』において、インスタレーションを展示するなど、平田は、いまや次世代を担う建築家として、国内外問わず、大きな注目を集めている。

エコロジカルな建築

平田の設計事務所が手がけるほとんどのプロジェクトには、「エコロジカルな建築(生態学的な建築)」という方法論が取り入れられている。

「20世紀の建築家は、自然とは異なる秩序にもとづき、建物の周辺環境から独立した『コントロールされた空間』をつくっていました。しかし視点を変えれば、生き物たちは互いに影響しあう『からまりあった世界』で共存しています。エコロジカルな建築とは、その生き物の世界を参考にして建築空間を設計する試みです」(平田)

例えば、高気密・高断熱で、完全にまわりの環境から断絶した建物をつくって、「エネルギー効率がいいでしょ」と言うのは決して「エコ」ではない、と平田は語る。

「ビルひとつだけを見たときにエネルギー効率が良くても、ビルの周囲に熱を捨てているので、都市全体で見ればそれはヒートアイランド化の促進につながっています。個々の建物の都合だけで判断するのではなく、街全体を良くする方法を探る発想へと切り替えるべきでしょう。その転換点となる時代に、いまわれわれは生きているのです」

昆虫少年から建築家へ

中学校2年生のころまで、平田はいわゆる「昆虫少年」だった。野山で見つけた、カブトムシやクワガタ、バッタなど、さまざまな昆虫を家で育てていた。将来は科学者になって、『生きているとはどういうことか』を解明し、ノーベル賞を貰うような偉大な「発見」をする人になりたかったという。

結局、平田は大学の進路を決定するときに生物学ではなく建築学を選んだわけだが、その野山での昆虫採集に、建築の道へ進んだ原点があるのだと話す。

「建物の中にいるときの感じと、野山にいるときの感じとを比べたときに、明らかに山の方が自分にとって魅力的な空間でした。そのとき、『なんで建物はもっと居心地の良い場所にならないのか』という疑問を抱きました。そして漠然と『自分ならその方法を発見できるかもしれない』と思い、建築の道を選んだのです」

科学者に憧れていたときと、建築家となったいま。どちらにも共通しているのは、「何かを発見したい」という目的意識だと言う。

「『発見』とは、見つかった後は人々の常識になって、それを前提に次の時代がつくられていくものです。自分ではなくても、いつかは誰かが同じことを見つけるかもしれません。ただ、できれば他人に任せるのではなく、それを自分の手で明らかにしたいのです」

WIRED Lifestyle

「Luxury, but Comfort-素晴らしき未来のライフデザイン 10人からの提言」と題した“ラグジュアリーの新定義”を考える連載を、2014年1月からスタート。ものを所有することとは違う“自分にとって本当に大切なものとは何か”を考えるヒントを、10人のゲストとともに考える。

第1回「ちょっとだけ社会をよくする、自分だけのやり方で」ーフィル・リービン(Evernote CEO)」

第2回「フィジカルでリアルな旅が、心をより豊かにする」ー水口哲也

第3回「キャンプファイヤーへと人を誘うストーリーテリング」ピーター・ブキャナン・スミス(BEST MADE Co. 創業者)

第4回「美術館のアートより、いま観察すべきは生活工芸品」ムラカミカイエ(SIMONE INC. 代表)

第5回「『仕事』は自分の好きなことのまわりに築こう」ジョン・ポワソン(Wantful創業者)

第6回「中途半端、だから新たなものを創造できる」野々上 仁(ヴェルト代表取締役 CEO)

第7回「ミクロとマクロを巡る思考から、20年後を変える企画は生まれる」齋藤精一(ライゾマティクス代表取締役)

第8回「コミュニケーションを通じて壊して、壊した先に何があるのかを探す」田村奈穂(デザイナー)

TAG

ArchitectureFuture CityLIFEDESIGN2014Nature

今年3月に最優秀者に選ばれた「(仮称)太田駅北口駅前文化交流施設設計プロポーザル」の模型。このプロジェクトにも「立体的な街」の設計思想が組み込まれている。

自然や生き物から学ぶ「立体的な街」

建築の世界でいま平田が挑戦している「発見」は、「20世紀の建築」に代わる新しい設計方法を見つけることだ。そのアイデアには、彼の生き物への関心が活かされている。

「建築とは、地面の表面積を増やしていく行為であり、人間は地面を発酵させていく微生物みたいなものです。その発酵作用をもう少し自然の流れと合うようにしていくことで、新しい建築の『発見』につながるのではないかと思うのです」

その一例として、平田が構想する「立体的な街」の姿は、道路、庭、居住空間まで、すべてが一体となって山のように隆起しているイメージだ。彼は、子どものころに野山で感じた居心地の良さを、建築で実現しようとしている。

「いまの街を見れば、道路があって、敷地があって、庭みたいな外部空間があって、建物があります。そして、建物は基本的には内部空間だけが積層してできています。そのように、外部と内部の境界線を明確に定めるのではなく、例えば緑のある空間が建物の上まで広がっていくような立体的な構造にできれば、より快適な空間になるはずです」

自然を真似るのではなく、「からまる」建築

「生き物から学ぶ」といっても、平田は昆虫や植物のかたちを模倣した建物をつくろうとしているわけではない。

「先日、台湾に行ってきたときに、大きなガジュマルの樹を見かけました。そうした自然の素晴らしい産物を目にしたときは、それを建物の構造に置き換えるという発想ではなく、その樹の豊かさも含めて、建物がその環境全体にからまっている状態をつくろうと考えます」

近代の建築では、世界中どこにでも建てられるものがグローバルで優れたものだとされてきたが、平田は生物の視点からそれを批判する。

「すべてを同じかたちにするのではなく、場所によってアウトプットが異なる方が、より生物に近いと言えるでしょう。例えば、北米の樹と台湾の樹はかたちが全然違いますよね。そのように共通の遺伝子があるにせよ、環境によってまったく違った姿になることの方が、『豊か』だと思うのです」

平田が描くスケッチから、すべてのアイデアが始まる。


TAG

ArchitectureFuture CityLIFEDESIGN2014Nature

東急目黒線、洗足駅から徒歩3分の立地にある集合住宅「コトリク」。敷地を取り囲む特徴的な道路と「からまる」ように周囲の壁をデザインしたという。入居者であれば、屋上まで階段で上っていくことができる。木々に囲まれて土の色の階段を上っていくのは、ちょっとした山登りのような感覚だった。

豊かさの価値も「からまり」へ

平田は、ひとつひとつの建物に「エコロジカルな建築」の思想を取り入れて設計しているが、そのアイデアをより多くの建物に適用して、街単位で大規模に運用するためには、同時に住民たちの価値観も変わらなければならないと言う。

「ほかのものと、どれだけ多く『からまる』ことができるか。ほかのものから受け取り、こちらからも返す。その関係性の豊かさに、これから人々は新たな価値を見出していくべきだと思います」

再び、都市のビルを例に彼はその理由を説明する。

「いまの高層ビルのほとんどが「袋小路の構造」になっていて、上階からほかのビルの上階へ移動するには、一旦地上に降りなければなりません。なぜビルとビルの間が上階で直接つながっていないのかというと、一方のビルはAさんのもので、他方はBさんのものとして、所有者が明確に分けられているからです」

平田は、その袋小路の状況を変える大規模な設計を実現するには、つくり手だけでなく、建物を所有したり利用したりする人々の価値観も変わっていく必要があると言う。

「ふたつのビルがつなげられたときに、お互いが得する状況が生まれる可能性もあることでしょう。今後、所有と共有の区分に対する人々の考え方が変化していくことに期待しています。そうなったとき、どのような建物の設計が可能となるのか。いまその方向性を探っているところです」

「コトリク」の階段中腹にて撮影。

WIRED Lifestyle

「Luxury, but Comfort-素晴らしき未来のライフデザイン 10人からの提言」と題した“ラグジュアリーの新定義”を考える連載を、2014年1月からスタート。ものを所有することとは違う“自分にとって本当に大切なものとは何か”を考えるヒントを、10人のゲストとともに考える。

第1回「ちょっとだけ社会をよくする、自分だけのやり方で」ーフィル・リービン(Evernote CEO)」

第2回「フィジカルでリアルな旅が、心をより豊かにする」ー水口哲也

第3回「キャンプファイヤーへと人を誘うストーリーテリング」ピーター・ブキャナン・スミス(BEST MADE Co. 創業者)

第4回「美術館のアートより、いま観察すべきは生活工芸品」ムラカミカイエ(SIMONE INC. 代表)

第5回「『仕事』は自分の好きなことのまわりに築こう」ジョン・ポワソン(Wantful創業者)

第6回「中途半端、だから新たなものを創造できる」野々上 仁(ヴェルト代表取締役 CEO)

第7回「ミクロとマクロを巡る思考から、20年後を変える企画は生まれる」齋藤精一(ライゾマティクス代表取締役)

第8回「コミュニケーションを通じて壊して、壊した先に何があるのかを探す」田村奈穂(デザイナー)

TAG

ArchitectureFuture CityLIFEDESIGN2014Nature