写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今年で30周年を迎えた『トランスフォーマー』シリーズより、サイバトロン軍の初代総司令官「コンボイ」が、コトブキヤが展開するデフォルメプラモデルシリーズ「D-STYLE」(ディースタイル)で立体化され、2015年1月に発売される。価格は3,240円(税込)。

さまざまな『トランスフォーマー』シリーズに登場しているコンボイだが、今回は日本で1985年に放送されたTVアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』をはじめとした、所謂「ジェネレーション1(G1)」シリーズに登場するコンボイをデフォルメスタイルで立体化。約100mmのサイズながらも、各関節の可動はもちろん細部のディテールにまでこだわった本格的なデフォルメプラモデルとなっており、胸部の中にはサイバトロン軍の総司令官たる象徴の「マトリクス」が収納されている。

さらに、コンボイのメインウェポンである、「レーザーライフル(コンボイガン)」や「エナジーアックス」といった武装類も付属。胸部の窓パーツ、エナジーアックス、マトリクスはクリアーパーツに。そして、付属する「コンボイトレーラー」は成形色により組み立てるだけで設定に近い仕上がりとなる。別売りの『M.S.G.メカニカルベース フライング3』にも対応、原型製作は石井歩氏が担当している。

商品価格は3,240円(税込)で、現在コトブキヤの公式ショッピングサイト「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中。商品の発売および発送は、2015年1月を予定している。なお、「第54回全日本模型ホビーショー」でも展示されていたとおり、来春には『D-スタイル メガトロン』の発売も予定されている。

(C)TOMY