写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイは29日、国民的アニメ『それいけ!アンパンマン』のキャラクターを使用した幼児向けタブレット端末『コドなび!』を発表した。10月25日発売より全国の家電量販店、玩具店、ホビーショップ、オンラインショップで発売され、価格は30,240円(税込)。

『コドなび!』は東京学芸大学と東京学芸大こども未来研究所の共同研究により開発された幼児向けタブレット端末で、対象年齢は3歳以上。「タブレット学習(バーチャル)」と「実体験(リアル)をつなげる」をコンセプトに、150種類以上の学習アプリを搭載し『それいけ!アンパンマン』のキャラクターが学習や生活習慣をサポートしてくれる。

OSはAndroid 4.42を搭載し、ディスプレイは7インチ液晶を採用。通信はWi-Fi(IEEE802.11b/n/g)をサポートし、インターネットへの接続の有無や時間を制限できる「Wi-Fiロック機能」や、遊ばせる時間を設定できる「遊びすぎ防止機能」なども搭載している。

端末には、実写と音声を用いた新しい学習プログラムが導入され、回答がすべて正解になる質問方法を取り入れることで、子どもが遊びの中で自然と学習できる仕掛けが施されているという。また、子どもが遊んだアプリのプレイ回数を集計し、学習で育まれる7つの力「こども力」をグラフで表示する「まなびナビ」を搭載。学習の進捗から「こども力」をチェックし、色彩心理学に基づき現在の子どもの様子が「色」として診断される。この診断結果をもとに子どもをほめたり、新しい学習アプリを勧めたりと、親子でコミュニケーションを取りながら学習することができるという。

東京・品川の「バンダイナムコ未来研究所」にて行われた発表会には、3歳男児と5歳女児の2児の母であるタレントの坂下千里子が登場。発表会の1週間前に『コドなび!』を自身の子どもに使わせてみたという坂下は「子どもたちの食い付きが凄かった。娘からは『ママ、これ子どもにすっごくいいね』と太鼓判をもらった」というエピソードを披露し、親たちに向けてアピールした。また、バンダイの取締役・飛田尚美氏は「近年ではスマートフォンやタブレットの需要が急速に拡大しており、他者とのコミュニケーションには切ってもきれないもの。タブレットは教育の場面でも利用が進んでいます」と商品化の背景を説明。課金システムや有害サイトの閲覧といった懸念点についても「安心して子供が使える製品が開発できたと思います」と手応えを語っていた。

子供向けのタブレット端末としては、メガハウスより発売され「日本おもちゃ大賞2013」でイノベイティブ・トイ部門の優秀賞を受賞した『tap me(タップ ミー)』(対象年齢4歳〜8歳)も話題となったが、『コドなび!』の対象年齢はそれよりもさらに低い3歳以上。飛田氏は「学習教材の最上位機種」と語り、期待を寄せている。

■「コドなび!」の主な仕様OS:Android.4.4.2ディスプレイ:7インチ液晶CPU:Cortex-A7(Dual core 1.5GHz)メモリ:512MBストレージ:8GBカメラ:前面 30万画素、背面 200万画素無線LAN:IEEE802.11b/g/n準拠バッテリー:3500mAhスロット:microSDカードスロット(32GBまで対応)本体サイズ:195mm×125mm×22mm重量:478g(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

(担当ぱぴい)