東京都写真美術館16年秋にリニューアル、愛称は「トップミュージアム」- 杉本博司の展覧会も開催

写真拡大

東京都写真美術館が2016年秋にリニューアルオープン。「トップミュージアム(TOP MUSEUM)」という愛称のもと、総合開館20周年記念として「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展を2016年9月3日(土)より開催する。

[ この記事の画像をもっと見る ]

東京都写真美術館の愛称「トップミュージアム」は、英語館名「Tokyo Photographic Art Museum」の頭文字から取ったもの。2016年度は総合開館20周年を記念した展覧会、ワークショップ、イベント、国際シンポジウムを企画する。

その皮切りとなる「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展は、当館の重点収集作家である杉本博司の世界観、歴史観に迫る展覧会となる。彼は〈ジオラマ〉〈劇場〉〈海景〉などの大型カメラを用いた精緻な写真表現や〈フォトジェニック・ドローイング〉〈放電場〉など、写真の発明や科学研究に基づいた写真作品で、写真界のみならず現代美術やデザイン界等で多大な影響を与えてきた。

会場では<ロスト・ヒューマン><廃墟劇場><仏の海>の3シリーズを、美術館内2フロアに展示。<ロスト・ヒューマン>は、2014年パレ・ド・トーキョー(パリ)で発表し、好評を博した「Lost Human Genetic Archive」展のインスタレーションを、東京バージョンとして新たに制作。人類の死滅を想定し、遺物となった歴史、文明についての考察を≪比較宗教学者≫≪宇宙物理学者≫等、33の視点から展開する。

注目は、本展覧会で世界初公開となる<廃墟劇場>。これは1970年代から制作している<劇場>が発展した新シリーズだ。経済のダメージ、映画鑑賞環境の激変などから廃墟と化した実際の劇場で作家自らスクリーンを張り直して映画を投影し、作品一本分の光量で露光した作品となっている。写真は時間と光による記録物であるということを改めて気づかせてくれるこれらの作品によって、見るものの意識は人類や文明の尺度による時間を超え、歴史という概念そのものへの考察へと導かれる。

この歴史観への考察は、シリーズ<仏の海>でさらなる深みへ、浄土の世界へと到達する。今回は、10年以上にわたり作家が取り組んできた、京都 蓮華王院本堂(通称、三十三間堂)の千手観音を撮影した<仏の海>の大判作品による新インスタレーションが紹介される。

【リニューアル情報】
東京都写真美術館
愛称:トップミュージアム(TOP MUSEUM)
住所:東京都目黒区三田1-13-3
※大規模改修工事のため、2016年秋まで休館。

【開催概要】
リニューアル・オープン 総合開館20周年記念
「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展
会期:2016年9月3日(土)〜11月13日(日)
会場:東京都写真美術館2階・3階展示室
開館時間:10:00〜18:00(木・金は20:00まで) 入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
観覧料:一般1000(800)円、学生800(640)円、中高生・65歳以上700(560)円
※()内は団体料金。