写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デアゴスティーニ・ジャパンの週刊『仮面ライダー オフィシャル パーフェクト ファイル』が、9月25日より全国書店(一部地域を除く)、および公式サイトにて発売がスタートした。

ファンからの人気を受けて9月25日に発売日が前倒しされたも話題となっている本書は、「パーフェクト」と銘打っているだけあって、本シリーズは1971年放送開始の第1作『仮面ライダー』から、最新作として2014年10月5日に第1話が放送(テレビ朝日系全国ネット/毎週日曜朝8:00)される『仮面ライダードライブ』まで、「仮面ライダー」の実写映像作品すべてを対象にしており、全191号にわたる壮大なるデータファイルになるという。

40年以上にわたる仮面ライダーの歴史は、大きく5つの時期に分けることができる。

第1作『仮面ライダー』から第5作『仮面ライダーストロンガー』まで、いわば仮面ライダーの原点である「栄光の7人ライダー」の物語を「昭和第1期」。数年間のブランクを経て、特撮や怪人造形などを強化した『仮面ライダー(スカイライダー)』から、雑誌展開とTVスペシャルで活躍した『仮面ライダーZX』までを「昭和第2期」。主要スタッフを一新し、それまでの仮面ライダー像を根本から書き換える役割を果たした『仮面ライダーBLACK』から、劇場映画として公開された『仮面ライダーJ』までの、昭和と平成をつなぐ"転換期"ともいえる「昭和第3期」。

そして現在にもつながる「平成仮面ライダー」の始祖となった『仮面ライダークウガ』から、10年目の節目に作られた『仮面ライダーディケイド』までを「平成第1期」。新たなる歴史を築くべくスタートした『仮面ライダーW/ダブル』から最新作『仮面ライダードライブ』までを「平成第2期」。

このように、仮面ライダーシリーズは時代の移り変わりと共にさまざまな変化を遂げ、それぞれの時代の子どもたちから熱い声援を送られる存在であり続けた。そんな、仮面ライダーの歴史の重みが『仮面ライダー オフィシャル パーフェクト ファイル』には凝縮されている。

マガジンはオールカラー仕様で、各ライダーの迫力あるポスターが毎号付属。毎号、貴重な特写スチールや、迫力満点の場面写真を豊富に用意し、歴代ライダーのボディスペックや変身プロセス、必殺技、戦いの系譜などを克明に解説している。創刊号では仮面ライダー(新)1号のプロフィールや、仮面ライダーV3のボディスペック、スカイライダーに変身する筑波洋の名場面などを掲載。現在では日本を代表する大物俳優となった村上弘明が約30年前に演じた筑波洋の、若々しく精悍なスチール写真も大きく掲載されている。

そして、ライダーを苦しめた恐るべき「怪人」や「大幹部」の詳細解説(全身写真、ボディスペック、プロフィールなど)を、1体につき2ページで紹介。各シリーズのキャラクターデザイナーや造形スタッフが毎回趣向を凝らして生み出してきた、ユニークな怪人たちの魅力を堪能することができる。

また、「プロダクションノート」と題されたコーナーでは、仮面ライダーシリーズ各作品の企画のなりたちや、関連商品の開発秘話、ファンならぜひ知っておきたい製作裏話など耳寄りを収録。「第1作『仮面ライダー』が生み出した、超特大ヒット玩具商品とは?」「前代未聞の"フルーツ"をモチーフにした『仮面ライダー鎧武/ガイム』はどのような発想から企画されたのか?」など、「仮面ライダー」の世界をより探っていくことができる。

創刊号は特別価格299円(税込)で、10号分のファイルを綴じて保存できる「特製バインダー」が付属する。第2号は10月14日、以降毎週火曜日に発売で、価格は616円(税込)。恒例の購読者プレゼントには第1弾(創刊号〜第25号)、第2弾(第26号〜第75号)、第3弾(第76号〜第135号)の3回実施され、親子で楽しめる「ライダーめんこコレクション」(全10枚)も用意している。

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映ビデオ・東映

(秋田英夫)