陸自指揮官が過酷な捜索状況明かす 二次噴火に巻き込まれる可能性も

ざっくり言うと

  • 噴火中の御嶽山での捜索活動について、陸自指揮官が語っている
  • 地面の灰は日々増えていく状況で、登山者の捜索環境は悪化している
  • 最大の障壁は有毒な硫化水素で、濃度が高まり捜索の中断を余儀なくされた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング