悪人のススメ

写真拡大

古今東西、昔から、優等生よりもちょっと問題児のほうがモテるって決まっている。

杓子定規のカタブツよりも危険な香りがするほうが人を惹きつける。人間の奥行があるというものだ(ま、ほんとうはそんな簡単に類型化できないけれども)。

「ちょいワルおやじ」などという言葉が流行ったことがあったが、今は「ちょい」だけでは物足りない? 本格的ワルでないと勝ち抜けない時代なのかもしれない?!

ちなみに、アメリカの経済誌「FORTUNE」が世界の犯罪組織を収益額でランキングしたものを先日発表。1位は日本の山口組だったそうだ。

今回は「ワルから学ぶ」をテーマに3冊をピックアップしよう。

J−CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」http://www.j-cast.com/mono/bookwatch/でも特集記事を公開中

日本人はいい人、シンジラレナイ!

『悪人のススメ』

日本にやってきた外国人が驚くもののひとつが「無人販売所」。

値段を書いた野菜やお米が台の上に無造作に置かれていて、お気に召せばお金をおいて品物を持って行ってくださいというシステム。「お釣りを誤魔化したりネコババなんぞしないというお約束が成り立つなんて、なんと日本人はいい人、シンジラレナイ」というわけ。大災害時の混乱時でも略奪がおこらず整然と助け合う姿が世界から称賛された、これも日本人の美徳としてよく耳にする話。

「いいのだからいいのではないか」「いい人のどこが悪い」......、

いえいえそうばかりとは限らないのだと『悪人のススメ』(KADOKAWA、1296円)の著者の川北義則氏はいう。たとえば原発の汚染水問題。「世界に誇れる厳しい基準にしよう」という善意で基準が決められたが、結果、国際的には汚染水でも何でもないレベルの水が汚染水扱いになり、無駄な制御管理をやらされていると、著者はいう。

「日本人はいい人すぎる、これをやめよう」というのが本書の根幹、いい人がなぜ良くないのか、いい人をやめるとなぜいいかが7章にわたって解説されている。

『悪人のススメ』という扇情的なタイトルではあるが、犯罪をすすめたり、ことさら人を貶めることをすすめる本ではないのだ!

海賊は世界史のなかで欠かせぬ存在

『海賊と資本主義』

ドイツの高速道路アウトバーンが、かなり早い時期からドイツ国内を縦横に整備されているのは、ナチスドイツの軍事的戦略があったからだという話がある。ヒットラーという負のイメージが強い為政者であっても、プラスに転嫁できるものを残してきたという事実は存在するわけ。かなり乱暴な表現かもしれないが「明治維新も徳川幕府からみればテロ」という評論家もいる。「勝てば官軍、負ければ賊軍」という常套句があるが、ものごとは「表側」だけでなく「裏側」あるいは「上」「下」「斜め横」いろいろな角度からみれば、全く違うものに見えたり、これまで見えなかったものが見えてきたりする。

『海賊と資本主義』(阪急コミュニケーションズ、著・ロドルフ・デュラン、ジャン=フィリップ・ベルニュ、訳・永田千奈、解説・谷口功一、2160円)は一般にアウトローと思われる「海賊」が、じつは世界史のなかで、大きな役割を果たしているということを、アカデミックに紐解く本である。

「国家とせめぎ合いながら『海賊組織』が資本主義のグレーゾーンから生み出した、ラジオ、電話、インターネット、遺伝子工学、宇宙開発...etc」帯裏に書かれた文言を見るだけで、へえ、そうだったんだとさらに詳しく知りたくなる。

「ワル」の生の声から学ぶ「先見性」

『ワルの生き方』

『ワルの生き方』(宝島社、著・夏原武、1188円)はヤクザ、闇金融業者、詐欺師など、ほんとうにワルな人間を取材して、彼らの語り口、一人称で、その手口や生き方を紹介した本である。

著者は漫画「『クロサギ』の原案者である夏原武氏。「ワルを描いた漫画、ドラマ、映画を100倍楽しむ!」というのがキャッチのようだが、実際「事実は小説よりも奇なり」、エンターテインメントとして楽しめるノンフィクション本。

騙しの手口や追い込みの手口が事細かに紹介されている。けれど、「だからこの本を読めば犯罪学習ができる、予防ができる、もう騙されない」などとはいいますまい。なぜなら「ワル」は日々、頭を使って次の手、その次の手を考えているわけだから......。しかしそれでも著者が、きっとサービスとして巻末につけてくれた今後増える詐欺予想(たとえばオリンピック詐欺、消費税詐欺、子役詐欺、マグロ詐欺など)は、犯罪のためでなく時代を掴む先見として、これだけでも読む価値は十分にある。