BitTorrentを使った新たな試みだ

MTI0ODQwMjc5NzQ3MzY4MjEw

BitTorrentは、同社技術を利用したコンテンツの有料販売を推進している。BitTorrentは同社のサイト「BitTorrent Bundle」初の有料提供となる、レディオヘッドのフロントマン、トム・ヨークの8年ぶりとなる新作ソロアルバム「Tomorrow’s Modern Boxes」の販売を発表した。

BitTorrent Bundleは、ミュージシャンやアーティスト、その他のクリエーターが自分の作品を直接ファンに配信することを可能にする。コンテンツをダウンロードするにはメールアドレスを提供する必要があり、これまで、マドンナやディプロなどの人気アーティストがBitTorrent Bundleを使って自分の作品を提供している。

しかしヨークの新しいアルバムは、torrentが支払いを要求する初めてのコンテンツとなる。ファンは最初の曲「A Brain In A Bottle」を無料で視聴でき、アルバム全体を聞きたい場合は、それを6ドルで購入できる(バンドルは2回までダウンロードが可能)。BitTorrentは売上額の10%のみを有料販売の手数料として徴収する予定のため、利益のほとんどが直接ヨーク本人の収入となる。

ヨークはこうした実験的なアルバム販売を過去にも行っている。レディオヘッドは彼らの2007年のアルバム「In Rainbows」で「pay what you wish(購入者が価格を決められる)」方式のダウンロード販売を行った最初のメジャーバンドだった。現在ではアーティストが自分のアルバムのデジタルコピーをこの方式で提供するのはめずらしくない。

ヨークは声明で以下のように語っている:

これがうまく行けば、作品を創造している人達にインターネット・コマースのコントロールを渡すことができる有効な方法となるかもしれない。彼らは自分の音楽やビデオ、その他のデジタルコンテンツを自分自身で販売することができるのだ。

トップ画像提供:Angela N.

Selena Larson
[原文]