写真提供:マイナビニュース

写真拡大

10月5日朝8:00よりテレビ朝日系にて放送がスタートする特撮TVドラマ『仮面ライダードライブ』の世界を最速で体感できるイベント「放送直前!仮面ライダードライブ 最速体感イベント!」が、10月3日に東京・ベルサール秋葉原にて開催される。

本イベントは、事前応募・抽選による招待制の第1部(16:00〜17:00)と、自由に参加可能な第2部(17:30〜20:00)の全2部構成で開催。第1部は、『仮面ライダードライブ』最速スペシャルステージとスペシャルゲストにお笑い芸人の土田晃之を迎えた最速トークショーが行われる。そして第2部では、ドライブの相棒となるスーパーカー「トライドロン」が最速でお披露目されるほか、10月5日に発売される変身ベルト『DXドライブドライバー&シフトブレス』の最速体験会、「ガンバライジング」シリーズなどの関連商品が体感できるという。

招待制の第1部への参加は、イベント詳細ページより必要事項を記入して応募。締切は10月1日12:00で、抽選の結果10月1日中に当選者へ連絡される。なお、第2部の『DXドライブドライバー&シフトブレス』の最速体験会に参加すると、「限定ビジュアルチラシ」をプレゼント。変身ベルト『DXドライブドライバー&シフトブレス』や「トライドロン」をいち早く見ることができるとともに、5日の本放送直前に、『仮面ライダードライブ』の世界を体験できるスペシャルなイベントとなる。詳細は、イベント詳細ページまで。

平成ライダー16作目となる『仮面ライダードライブ』は、その名のとおり"車"がモチーフで、8月の制作発表会から史上初の"バイクに乗らない"車の仮面ライダーとして大きな話題に。物語の舞台は警視庁で、主人公の泊進ノ介は、頻発する怪事件に対抗するために作られた「特殊状況下事件捜査課(通称:特状課)」に所属する一人の警察官。ある事件を追う中でしゃべるベルト=「ドライブドライバー」に出会い、「シフトカー」たちの力を借りて「仮面ライダードライブ」へと変身。相棒となる車=スーパーマシン「トライドロン」と共に怪人たちと戦っていく。

(C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映