遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第24回】

 TeamUKYOには数名の外国人選手が所属している。彼らはどういう経緯で来日し、どういう役割をTeamUKYOで担っているのか。昨年のJプロツアーで個人総合チャンピオンに輝いたエース、ホセ・ビセンテ・トリビオに話を聞いてみた。

 昨シーズン、2013年のJプロツアーで設立2年目のTeamUKYOは、個人とチーム双方のタイトルを獲得した。個人部門の総合優勝を達成したのは、この年からチームに加わったスペイン人選手のホセ・ビセンテ・トリビオだ。1985年12月22日生まれのホセは、このとき27歳。2012年までは、スペインのプロコンチネンタルチーム「アンダルシア」に所属していた。

 アンダルシアは、その名のとおりスペイン南部のアンダルシア州政府が大きなスポンサーとしてチームの財政面を支えていたが、ギリシャ危機の影響がスペインにも波及したことにより、2012年末でチームは解散。所属選手たちは新たな活路を求めて、各国のチームへそれぞれ移っていった。

 ホセのTeamUKYO所属が決定し、来日を果たしたのは、2013年シーズンのJプロツアーが正式に開幕する直前のことだった。

 この年の開幕戦は、岐阜県と滋賀県の県境に位置する、伊吹山のドライブウェイを登るヒルクライムレース。1036メートルの標高差がある14.9キロの距離を一気に駆け上るコースレイアウトで、平均勾配は約7%になる。この激坂レースで、ホセは時差ボケの抜け切らない状態にもかかわらず、レース序盤に後続を突き放して勝利した。優勝タイムは40分01秒。2位の選手のとのタイム差は、2分39秒という圧勝の内容だった。

 開幕戦に勝利して、ポイントリーダーの証(あかし)であるルビーレッドジャージを獲得したホセは、以後のレースでも引き続き強さを見せつけ、シーズン最終戦を終えて個人総合優勝を獲得。TeamUKYOのJプロツアー団体総合優勝にも大きく貢献した。

 2014年の伊吹山ヒルクライムは、シーズン第2戦に組み込まれた。4月13日の天候は薄曇り。標高の低いスタート地点ですらかなり肌寒い状態で、ドライブウェイ終点の伊吹山頂上に設定されたゴール地点の気温は4度。残雪がいたるところに白い塊を残していた。

 13時45分に始まったレースは、気温の低さもあって緩やかなペースで始まったが、開始早々にホセが集団から抜け出して、以後は一度も前を譲らず後続に1分以上の差をつけ、2年連続で伊吹山を制した。そして、この戦いで勝利したことにより、開幕戦の宇都宮クリテリウム(市街地に設営したクローズドコースを周回して競う形式のレース)で逃したリーダージャージも奪還した。

 昨年春の来日以降、これらのレースで圧倒的な強さを披露したことから、我々はともすれば彼の脚質について、「クライマー」という印象を抱きがちだ。だが、ホセにそのことを訊ねてみると、自分自身では「特にクライマーだと思っていない」と、ややはにかんだ様子で、穏やかな笑みを浮かべつつ答えた。

「典型的なクライマータイプだとは思っていないよ。どちらかといえばクライマーの資質はあるかもしれないけれど、だからといって、タイムトライアルも別に苦手なわけじゃないからね。でも、スプリンターではないことは確かだろうね」

 日本のトップクライマーたちをあっさりと引き離してしまう脚力を備えているものの、レースの本場欧州では、このレベルのコースで速さを見せた程度ではクライマーと呼ぶに値しない、ということなのかもしれない。穏やかで温厚な性格のホセは、もちろん、そのような挑発的な表現をするわけではないけれども......。

 日本人は一般的に、スペインなどの南欧諸国の人々に対し、「陽気でおおらか、細かいことを気にしない明るい性格」を想像しがちだが、おそらくホセのキャラクターはその対極にある。真面目で謙虚、落ち着いた話しぶりの温厚な彼の人柄は、ある意味では日本人以上に日本人的......と言ってもいいだろう。

 彼の言葉の端々からも、その誠実な人柄がよくうかがえる。

 たとえば、伊吹山で2年連続して圧倒的な速さを披露できる理由を訊ねてみると、彼はこんなふうに回答する。

「苛酷なレースになると、僕は自分の能力以上のものを発揮するために全力を尽くすんだ。伊吹山はその典型的な例だと思う。ヒルクライムレースだから、チームでの戦略的な集団の駆け引きより、ひたすら単独で自分の力を全開にしていけることも、伊吹山で2年連続の勝利を収めることができた大きな理由だと思う」

 また、レースに向き合う姿勢には、特に彼の人柄がよく表れている。

「このレースで勝ちたいとか、あのレースでいい結果を出したいとか、そういう考え方はあまり好きじゃないんだ。自分が目指しているのは、もっと広い視野に立って、常に向上心を持ちながら努力を続けていくこと。そうすることで、結果は自(おの)ずとついてくると思うんだ。

 いい結果を出したときは、それ以上にいい結果を目指して、さらに努力を続ける。そうすれば、どんどん自分を向上させてゆくことができる。ひとつのレースだけに焦点を合わせていると、失敗した場合に次へつながらないし、大きなチャンスを掴む前に終わってしまうかもしれない。すべてのレースが向上のチャンスになると、僕は考えている。だから、大局的な視野を持って、常に全力で取り組み続けるんだ。

 すべてのレースは等しく重要で、大切な機会だと考えている。日本国内のJプロツアーも国際的な格式のUCIレースも、どちらかのほうが、もう片一方より重要ということはない。自分にとっては、すべてが等しく重要で、意義と価値のあるレースなんだ」

 だが、人生の目標を訊ねたときには、少しばかり陽気なスペイン人らしさも顔をのぞかせた。

「これからも可能な限り、ライダーとして長く走り続け、いい結果を残していきたい。自分に与えられた仕事を楽しみながら、ね」

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira