アジア大会準決勝は韓国対タイ、イラク対北朝鮮に決定

写真拡大

 第17回アジア競技大会男子サッカーの準々決勝が、28日に行われた。

 U−21日本代表は、開催国の韓国と対戦。試合終了間際の88分にPKで先制を許し、0−1で敗れ、大会連覇を逃した。

 また、タイがヨルダンを2−0で撃破し、北朝鮮もUAE(アラブ首長国連邦)を1−0で下した。日本がグループリーグで敗れたイラクもサウジアラビアに3−0で快勝し、ベスト4に駒を進めた。

 準決勝の2試合は、ともに30日に開催。韓国とタイ、イラクと北朝鮮がそれぞれ対戦する。なお、決勝と3位決定戦は10月2日に行われる。