写真提供:マイナビニュース

写真拡大

モンデリーズ・ジャパンはこのほど、全国の30代〜40代の男性営業マン312人を対象に実施した「営業マンと息リフレッシュに関する調査」の結果を明らかにした。調査期間は8月21日〜22日。

まず、自身が営業マンとして気をつけていることについて聞いたところ、1位「身だしなみ」(85.3%)、2位「服装」(62.8%)に次いで、「口臭」が57.4%で3位となった。また、自身の口臭が気になるか尋ねると、65.7%が「気になる」と回答した。

次に、仕事中、口の中や息をリフレッシュしたいと思うのはどんなときか尋ねたところ、「口の中がネバついたとき」が最も多く59.0%だった。以下「口の中が乾いたとき」(47.8%)、「自分の息が臭いと思ったとき」(46.8%)、「客に会う前」(43.3%)が続いた。

続いて、口の中や息をリフレッシュしたいと思う人(281人)に対し、業務シーン別にリフレッシュする方法を聞いてみると、社内勤務・デスク作業中などでは「ドリンクを飲む」(61.6%)、営業先への移動中など時間がある時は「ガムを噛む」「ドリンクを飲む」が各41.6%、商談・会議前など時間に余裕のない時は「タブレットを食べる」(38.4%)が1位となった。

一方で、他者(部下、同僚、上司)の口臭が気になるか聞いたところ、51.6%が上司の口臭が気になると回答した。また、同僚に対しては40.4%、部下は33.0%が口臭が気になると答えていた。それぞれの口臭が気になったときの対処法については、部下、同僚、上司いずれも約半数が「特に何もしない」と回答し、上司においては25.2%が「ひたすら耐える」と回答した。

(フォルサ)