最後の「ホビット」新ポスター、「LOTR」に繋がるシリーズ完結編。

写真拡大

映画「ホビット」シリーズのラストを飾る「ホビット 決戦のゆくえ」が12月13日に全国公開される。それに先駆け、このたびポスター第2弾が解禁。さらに13年間に渡って描かれてきた「ロード・オブ・ザ・リング」に繋がる「ホビット」シリーズ完結編のストーリーの全貌が分かる、横長の最新ビジュアルもお目見えとなった。

ポスターでは、破壊の限りを尽くそうと迫る一頭で一国を滅ぼすと伝えられる恐るべき邪竜“スマウグ”と、それを阻止するべく対峙する谷の王バルドの姿を捉えた迫力満点のビジュアルに、横長のビジュアルではビルボと旅の仲間たちに待ち受ける、最後のアドベンチャーが描かれた、興奮と感動のラストを予感させる仕上がりだ。

前作で邪悪な竜“スマウグ”を世の中に解き放ってしまったビルボ・ギンズたち。彼らの行く手に、さらなる強大な魔の手が迫る。復活を遂げてしまった冥王サウロンが、オークの大軍勢を放ち、はなれ山に奇襲を仕掛けていたのだ。取り戻した財宝に執着し、友情と名誉を犠牲にしてようとするドワーフの長トーリン・オーケンシールド。中つ国を二分する壮絶な戦いが迫る中、対立が深まるドワーフ、エルフ、そして人間たちは、結束するか、滅ぼされるか、究極の決断を迫られる。ビルボはその最終決戦の中で、仲間の命を守るために立ち上がる。それは中つ国全土の命運を握る戦いだった……。

編集作業が最終段階を迎えるピーター・ジャクソン監督は、「正直言って、撮影が終わった時が一番心を揺さぶられる瞬間だったよ。この映画を完成させることには、ちょっと変わった感じで興奮させられるものがあった。なぜならそこには、少なくとも3本の映画に繋がる可能性があるからだ。僕自身は、本作にとても興奮しているし、とても満足している。この作品を世の中に出すことに誇りに感じている」とコメント。集大成とも言えるシリーズにピリオドを打つ監督は、作品にいま全力で臨んでいるようだ。

「ホビット 決戦のゆくえ」は12月13日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他全国ロードショー。