御嶽山での救助をはばむ灰と有毒ガス 28日は昼過ぎに撤収せざるを得ない状況に

ざっくり言うと

  • 27日に噴火した御嶽山の救助活動が28日早朝から再開した
  • 有毒ガスが障壁として立ちはだかり、昼過ぎで撤収を余儀なくされた
  • 撤収を決断した最大の理由は昼過ぎから強くなった硫黄臭である

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング