積み立てにピッタリの「投資信託」の選び方、 その4つのポイントを教えます!

写真拡大

日本で買える投資信託はなんと2000本以上もあるが、その中には積み立てに適している投資信託と避けるべき投信が混在している。今発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、保存版の特別付録「投資信託積み立てスタートガイド」が付いており、「投資信託とは?」から「投資信託積み立てのメリット」「積み立てに適した投資信託55本」などまで紹介しているが、今回はその中から選び方のポイントを教えよう。

【Point1】
とにかくまずは手数料が安い投資信託に注目!
運用コストである信託報酬にも注意

 投資信託には、買う時(=販売手数料)と保有している時(=信託報酬)の主に2つの手数料がかかる。販売手数料は投資信託ごとや販売会社ごとに違い、複数の販売会社で取り扱っている場合は、同じ投資信託でも手数料が安い販売会社を選びたい。

 NISA口座は、1つの販売会社にしか口座を開けないので、販売手数料が安い投資信託を多く取り扱っているところに開くのが得策だ。

 また、信託報酬は保有中は毎日知らず知らずに運用成績から引かれている手数料なので、長期投資ほど、成績の足を引っ張ることに。平均以上に高い投資信託報酬には注意しよう。

【Point2】
分散投資がキホンで初心者はバランス型を!
若い人は株式型を加えてリスク度を高める

「初めて投資信託積み立てをする人にオススメなのが、株と債券などに分散するバランス型」(セゾン投信社長中野晴啓さん)。

 長期に渡ってじっくりと資産を増やすには、リスク分散が投資のキホンだからだ。20〜30代の若い世代は、老後までに時間がたっぷりあるので、株式型を追加するなどしてリスクを多めにとってもよい。

 逆に60代以上は、低リスクの債券型を増やしていくなど、自分の全体の資産構成などを視野に入れて、リスク資産のバランスを考えよう。なお、リート(不動産)の値動きは株式並みだが、株と債券の両方の特性を持っているので分散の一つとして投資を考えてみよう。

【Point3】
毎月分配型や特定のテーマ型は避ける!
下がっても将来値が戻る資産に投資する

 いくら積み立て投資でも、基準価額が下落し続ける投資信託に投資しても利益は出ない。たとえ一時的に基準価額が下がっても、その後再び上昇する投資信託に投資するべきだ。「基準価額の上昇よりも、分配金を出すことを重視する毎月分配型などは資産形成には向いていません」(中野さん)。

 また、設定時に資金を集め、その後は資金流出し続ける傾向があるテーマ型なども、長期投資には向いていない。「20〜30年後を見据え、ゆるやかに成長を続けることを前提とした世界経済の恩恵を受けられるような、世界の株や債券などに分散して投資しましょう」(中野さん)。

【Point4】
運用期間が無期限で資金が流入中がベスト!
過去1年で資金流入が続いているかに注目

 投資信託積み立ては長期投資で資産を形成する方法なので、運用期間が限られている投信はNGだ。運用期間が「無期限」のものを選ぼう。

 また、資金がゆるやかに流入しているかどうかや、純資産の水準も注目のポイントだ。「資金が急激に減少するなどお金の出入りが激しいと、運用が損なわれて成績に影響する度合は少なくありません。

 また、純資産が少ない投資信託や減り続けている投資信託の場合、突然に運用中止となる可能性も。もちろん一時的に資金流出に陥ることもあるかもしれませんが、1年、半年などの期間で見たときに、トータルで資金流入が続いている投信を選びましょう」(中野さん)。