女性のホンネ。結婚したらお金の管理は「自分がしたい」or「夫に任せたい」?

結婚してもお互いに財布は別々という夫婦も少なくありませんが、女性が出産や育児で働けなくなることを考えると家計をひとつにまとめておいたほうが面倒も少なそう。では、そのお金の管理は自分がしたい? それとも夫に任せたい? 女性たちの本音を聞いてみましょう。

Q.あなたは、結婚したらお金の管理は自分がしたいですか? 夫に任せたいですか?

自分がしたい……81.2%
夫に任せたい……18.8%

圧倒的に自分がお金の管理をしたいという女性のほうが多いようですが、その理由は?

<「自分がしたい」派の意見>

■夫に任せるのが不安

・「貯金が大好きな彼ですが、細かい節約などは苦手なので」(25歳/その他/営業職)

・「男性が管理するといい加減になりそうだからです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「金遣いが荒いと困るので、好きなものを好きなだけ買われたら困る」(25歳/電機/事務系専門職)

細かい節約やお金の管理が苦手な人にお金の管理を任せておくのが不安というのが女性の本音のよう。生活には困らなくても貯金ができないような生活だと苦労しそうですよね。

■女性のほうがお金の管理に向いている

・「得意だと思うし、女が管理していたほうがうまくいく気がする」(22歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自分のほうが家計簿もつけているし、管理に向いていると思うから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「男性よりも女性のほうがお金の管理に長けていると、TVでやっていたので」(33歳/その他/その他)

家計簿をきっちりつけてお金を管理するのは女性のほうが向いているはずだから自分で管理したいという女性も少なくありません。男性は大ざっぱな人が多いので、そういう人には管理を任せておけないですね。

では、夫に任せたいという女性はどういう理由でそう考えているのでしょう。

<「夫に任せたい」派の意見>

■夫の稼ぎを管理する立場にない

・「彼のほうが多く稼ぐので、自分がでしゃばるところではないから」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「楽だから。それに、彼が稼いだお金を私が管理するのは申し訳ない」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

お金を稼いでくるのは夫だから、それを管理するというのは申し訳ない気になる女性もいるようです。彼が管理してくれたほうが楽というのも正直なところですね。

■管理する自信がない

・「今、ひとりで貯めることはできるけど、どの部分にいくらかけて……という計算が苦手なので」(26歳/金融・証券/営業職)

・「自分はあまり数字に強くないから。やってもらったほうが楽チン」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「資産運用のことは苦手なので」(27歳/学校・教育関連/専門職)

自分のことだけならなんとかできるけれど家庭の家計を全部預かるのは不安に思う女性も。数字に強い男性なら任せておいても安心できそうです。

お金をどう管理するかは、それぞれの家庭に向いている方法を選べばいいということでしょうが相手に任せっぱなしにしたり、自分だけで抱えすぎたりするのはやめたほうがよさそう。2人のための生活費、将来のための貯金なのですからお互いに把握したうえで話し合いながらやりくりできるというのが理想ですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にwebアンケート。有効回答数244件(22歳〜34歳の女性)