9月特集 アジア大会2014の発見!(18)

 男子水泳陣の金メダル8個に対して女子は4個と健闘はしたが、物足りなさも感じた。

 五輪種目に限れば200m背泳ぎで優勝の赤瀬紗也香は2分10秒31と今季ベストを1秒55も下回る平凡な記録で、メドレーリレーも8月のパンパシフィック選手権3位の記録を0秒56も下回った。リオデジャネイロ五輪へ向けてなかなか明るい兆しが見えない中、唯一気を吐いていたのが平泳ぎの渡部香生子だった。

 8月のパンパシフィック選手権の100mでは、元世界記録保持者のジェシー・ハーディー(アメリカ)にわずか0秒04差の2位なり、その後に行なわれた200mで自己ベストに0秒32と迫る2分21秒47で初優勝を果たした渡部。

 アジア大会でも最初の100mは、少し慌てた泳ぎになってしまい、シ・ジンリン(中国)に終盤で逆転されて1分6秒80で2位と悔しい思いをしたものの、翌日の200mでは、積極的な泳ぎで前半の100mをベストラップの1分08秒55で通過。ラスト50mからは、2位の金藤理絵に激しく追い上げられたが、0秒10抑える2分21秒82で初優勝を飾った。

「男子は金メダルを獲っていたけど、女子は中国勢に金メダルを取られていたので、是非優勝したいと思っていた。それを達成できて日本チームを流れに乗せることに貢献できたのは嬉しいけど、ベストタイムが出なかったのは残念でした」

 こう話す渡部だが、前日の100mから泳ぎを修正して、いい流れにできたのは収穫だったと話す。

「世界と戦えるのは200mだと思うので、レースではいつも通りの先行逃げきりと考えていました。でも前半に行き過ぎて100m通過がこれまで出したことのない1分8秒台で入って、最後は追いかけられてしまったので、そこは修正しなくてはいけない。去年はいい結果を残せなかったが、今年はこれで国際大会2勝となり自信もついて、世界で戦えるという気持ちに変わってきました」

 渡部はその3日後に50m(4位)とメドレーリレー(金メダル)を泳ぎ、競泳最終日の26日には200m個人メドレーに出場した。

 決勝は前半のバタフライと背泳ぎで先頭の葉詩文(中国)に3秒以上遅れる6位で通過したが、得意な平泳ぎで全選手最高の36秒75で追い上げると、最後の自由形でもベストラップの30秒32で泳ぎ、前にいた寺村美穂をかわして2分10秒58の日本新記録で2位に食い込んだ。

「自由形には自信があったので最後まで諦めずに泳げたことが日本記録を出せた要因だと思うが、前半からもっといけないと世界ではまったく戦えないのでこれからは前半の強化を重点的にやりたい」と振り返った渡部。

 その渡部を指導する竹村吉昭コーチは、この大会の成果をこう語った。

「100mはいい記録が出た時の泳ぎの感じをまだつかめていなくて安定感がないですね。特に前半で相手に行かれると自分のレースが出来なくなってしまうところがある。そのあたりはもう少し確実に力をつけなければいけないところなので、100mはまだまだかなと思っています」

 200mについては「最初は不安があったけど、予選で前半を少し突っ込んでみる泳ぎをしてからいい時の映像と比較したりして細かな修正点を指摘して、ウォーミングアップの時にはいい感じになってきたんです。それでレースにも集中していけたと思う。100mがダメでも200mではきっちり優勝できるのは去年と大違いですね」

 まだ気持ちの波はあるが、渡部が去年と違うのは、試合の時には自分でガタッと落ち込みそうなところを支えられるようになったこと。竹村コーチも、「6日間の大会でもしっかりと気持ちを切り換えられ、最終日に自己記録を狙って行けるようになったのは、本人も自信になったと思う」話した。

 その要因としては昨年の秋から納得いく練習が出来るようになったことと、今年2月のジュニアエリートA選抜のオーストラリア遠征に行ったことだろう。ニューサウスウェールズオープンに出場し、リレーも含めて11種目17レースを泳ぐ3日間を過ごす経験をしたのだ。

 渡部本人は「最初に竹村先生から(日程を)言われた時は『ホントに?』 という感じだったけど、プレッシャーが少ない試合だったので、楽しんで自分なりに頑張ればいいのかなと思って臨みました」というが、竹村コーチの意図はこうだった。

「数多くレースをやると、いい種目もあるけど、ダメな種目も出てくるはずなんです。そういう時に以前は自分からメゲたり崩れたりしていたことに、どれだけ立ち向かっていけるか。あそこでそれだけのレースをこなして、それなりの結果を出せたことが本当に自信になっていると思います。今回も最終日の200m個人メドレーの決勝前のアップではタイムが少しあがってきたので、『行けるかもしれないね』と言ったら、彼女もそういう気持ちになっていましたから」

 泳ぎの技術的な面では、現在の渡部の筋力を考えて、あまり大きな泳ぎは求めず、ある程度テンポを上げてそれをキープするという泳ぎを柱にしながら微調整をしている状態だという。ただ、200mで目標にしている2分20秒突破を実現するためには、100mのスピードアップも大きな課題になる。その辺りは今後、筋力トレーニングがしっかり出来る様になってから追い求めていくものだろうと竹村コーチは言う。

「個人メドレーをやらせているのは、練習である程度負荷をかけるという目的もあります。それに平泳ぎだけだと少しレベルが上がり始める時には肘や背中、膝に痛みがでたりするんですね。そういったことを防ぐために個人メドレーの練習を取り入れているけど、せっかくやるなら試合にも出たいだろうから。個人メドレーの課題はハッキリしているから、背泳ぎのラップをあと1秒速くして33秒台前半にすれば2分9秒台も見えてくる。そうなれば世界でも尻尾くらいは見えてくると思うんです」

 渡部が選手として完成の域に達するのはリオデジャネイロ五輪かもしれないし、東京五輪なのかもしれないと竹村コーチは言う。だが渡部自身は、ロンドン組が何人か引退した女子チームの中で、自分が若い選手たちの柱になって引っ張っていく立場だとも自覚している。

 まだまだといいながらも、今年は精神面での成長を見せて安定した成績を残している。男子で活躍している萩野や入江とともに、日本チームの柱になっていかなければいけない存在だ。

 今大会は平泳ぎ、個人メドレー、メドレーリレー以外に、400mリレーの表彰台に2位で上がったことも、「複数種目に出るというのは萩野くんから始まったと思うけど、そういう選手を見ていると『カッコいいな、自分もなりたいな』と思う」と言って微笑む。

 そんな意識を持ちながら、今年はパンパシに続いてアジア大会でも金メダルを獲得し、着実に一歩ずつ階段を上がっている渡部。彼女が秘める可能性への期待は、ますます大きくなってきた。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi