9月特集 アジア大会2014の発見!(16)

 アジア大会準々決勝で、なでしこジャパンは大量9得点を叩きだして香港を撃破。香港の攻撃陣にシュートを打たせることなく、圧倒的大差をつけて準決勝にコマを進めた。

 スタメンは宮間あや(湯郷ベル)、阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)のボランチを外して温存。中島依美(INAC神戸)、猶本光(浦和)のふたりが中軸を担った。ケガ人が続出したFWは吉良知夏(浦和)と増矢理花(INAC神戸)でスタート。そしていきなりこのふたりが絡んで先制点を生んだ。開始3分、右サイドからの川澄のクロスに合わせた吉良のボールはクロスバーを直撃するも、跳ね返ったところを増矢が押し込んだ。

「なかなか結果が出なくて、でも惜しいところまでは行っていたので、あとは自分が冷静に決めるだけだった」(増矢)

 開幕から何度もチャンスはあった。果敢にトライを続けたが、格下相手に何度もそのシュートは阻まれた。待ちに待ったゴールで、「1点取れば変わる」と使い続けた佐々木則夫監督の期待にようやく応えることができた。このゴールを皮切りに日本のゴールラッシュが始まった。

 右サイドバックの羽座妃粋(日本体育大学)の鋭いクロスが相手のオウンゴールを誘って追加点を挙げると、前半だけで4ゴール。後半開始早々には岩清水梓(日テレ・ベレーザ)がミドルシュートで豪快にネットを揺らすと、木龍七瀬(日テレ・ベレーザ)、高瀬愛実(INAC神戸/後半から出場)、菅澤優衣香(ジェフ/後半から出場)らが次々とゴールを重ね、終わってみれば9ゴールの大量得点だった。守備においては、シュートをゼロに抑え完封勝利。危なげなく勝利を掴んだ。

 大会直前に行なわれたガーナ戦では、主力メンバーから新勢力へスイッチした後半に、攻撃力が一気に低下。自陣に引いたガーナを相手に切り崩すことができず、自分たちの不甲斐なさに、選手たちの表情は一様に暗かった。

 そのときと同じような状況で香港と戦って圧勝したにもかかわらず、選手たちは淡々としていた。そして、ボランチに入った中島が最初に口にしたのは反省だった。

「(相手が)ダダ引きの中、ワンツーパスもなかったし、全部放り込みだった。センタリングから得点できたのはよかったけど、アイデアは多くなかった」

 それでも、ガーナ戦では生まれなかった結果がついてきた。韓国に入ってから練習で行なってきたサイドチェンジや、切り替えのスピードへの意識は確かに高まっている。むしろ、各選手が表情を崩せないのには香港のプレイに原因があった。

 終始ボールを支配下に置いていた日本の中盤に対して寄せてはくるものの、間合いをツメきることはしない。ゴール前は香港の選手で真っ赤だったが、中盤、特にボランチで前めにポジションを取っていた猶本には周りを見る余裕が生まれるくらいスペースが確保されていた。詰まる前線への道を探り、何度も動き直す。得意のミドルシュートは決められなかったが、イメージは常に持ち続けていた。

 単調なリズムに陥った後半、阪口がピッチに現れた。挨拶がてらに強烈なミドルを打ち放つ。残り12分という限られた時間で劇的に流れを変えた訳ではないが、確かにテンポが変わった。

 猶本も、「単純にサイドにボールをつけるんじゃなくて、もう一度中盤で落としてからサイドとか、夢穂さんは自分で誘導していた」と身を持って感じ取った変化だった。

 圧勝ムードの中、いつも以上に気を引き締めた選手たち。それは大会前にはまだ合わなかったイメージの共有が進んだことで結果に結びついた反面、プレッシングがない中での結果であるということ。単純な攻撃でも、決まってしまうというジレンマがあったのかもしれない。それでも、「点を取ることでどんな調子も上がる」という増矢の言葉のように、まずは成功のイメージを確立することが先決だ。

 実力差のある試合は難しいもので、スコアだけでは成長の度合いを推し量ることはできない。だが、「日本は北朝鮮よりもムーブメントが多かった。内側、外側と攻撃が多彩で、戦い方を変えなければならず、より難しかった」と北朝鮮とグループリーグを戦ってきた香港のCHAN Shuk Chi監督はこのゲームの印象を語った。この試合のプレイがアジアのライバルたちに通用するか否かはさておき、自分たちのイメージを具現化する第一歩として、この勝利をポジティブにとらえたい。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko