道のりは険しい。だけど可能性を秘めているチーム。それが昨年、43年ぶりにアジア女王になった日本女子バスケットボール代表チームだ。9月27日から4年に一度の世界選手権がトルコの首都アンカラで始まる。

 日本はアジアチャンピオンになったというものの、予選ラウンドでは"死のA組"と呼ばれる厳しい組みに入ってしまった。初戦がヨーロッパチャンピオンでFIBAランク6位のスペイン、2戦目は前回準優勝でFIBAランク5位のチェコ、3戦目は次期オリンピック開催国で強化を進めているブラジル(FIBAランク7位)という、すべてが格上の強敵ぞろいだ。

 さらに、司令塔の吉田亜沙美が左膝の靭帯を断裂して現在リハビリ中であるうえに、日本は大神雄子と高田真希以外、世界選手権は初出場というキャリアの浅さも懸念されるところだ。それでも、このチームは将来への希望がある。渡嘉敷来夢192cm(23歳)、間宮佑圭184cm(24歳)、高田真希183cm(25歳)、王新朝喜(おう あさこ)189cm(26歳)といった、若くて走れるインサイドプレイヤーが4人もそろったからだ。世界の中では決して大きい部類ではないが、かつてない高さを擁した日本が、どこまで戦えるのかという点において注目したい大会だ。

 内海知秀ヘッドコーチは「ベスト8」が目標だと語る。近年の最高成績は1998年の9位。前回の2010年は10位。上位8チームによる決勝トーナメントを目指すのは現実的な目標といえるだろう。だが、選手たちは昨年のアジア選手権で優勝したことにより、自信を持って、世界にチャレンジしたいとキッパリ口にしている。

「世界選手権はオリンピックのために経験を積めばいい大会ではなく、勝負に行く大会。優勝すればリオデジャネイロ・オリンピックの出場権が獲得できるのだから、それを目標に臨みたい」とキャプテンの大神雄子が言えば、「今回の世界選手権は2年前にあと1勝のところでオリンピックに届かなかった地、アンカラでの再戦になります。借りを返す時が来ました」と間宮佑圭も続く。そして今、日本の中でもっとも意欲に満ちあふれているのが、世界大会デビューを飾る日本のエース、渡嘉敷来夢だ。

 渡嘉敷は世界選手権直前のヨーロッパ遠征で、バスケ人生における2番目のターニングポイントを迎えたという。

「これまでのバスケ人生の1位」とみずから言うターニングポイントは2012〜2013年のシーズン。高校時代から繰り返していた右足甲の舟状骨の骨折から完全復帰した時だ。傍から見ればまったくそうは見えないかもしれないが、渡嘉敷は度重なる足のケガによって、自分のプレイに自信を持てなかった時期があった。それが手術とリハビリを経て、支えてくれる人に感謝し、コートに立てる喜びを味わい、バスケができることのありがたさを知り、人間的に成長できたという。「ケガを克服して弱気な自分とおさらばできた」と言うほど、バスケ人生においての転機だった。

 そして、ターニングポイントの2位にランクインした今年のヨーロッパ遠征は「バスケがこんなに面白いなんて知らなかった」と口にするほど、新たな発見と驚きを与えてくれた。

 日本は世界選手権前の強化において、9ヶ国と計17試合を行なった。これだけの国と戦えたのも、43年ぶりにアジアチャンピオンに輝いたことで、対戦のオファーが増えたのが要因である。

 世界ランキング2位のオーストラリアや4位のフランス、強豪のトルコなどと実戦を積み、さらにはこれまでだったら考えられなかったことだが、世界選手権で対戦するスペインやチェコとも、スカウティングをされることを覚悟のうえで対戦に踏み切った。たとえ手の内を知られても、強豪国と対戦することで得ることのほうが多いと判断したのだ。

「スペインやフランス、オーストラリアに勝ち切ることはできなくても、高さとフィジカルの強さに対する"慣れ"は出てきた」と内海ヘッドコーチは手応えを語る。

 そんな、実り多き遠征の中で渡嘉敷は、日本にいては味わえない攻防の駆け引きを体験してきた。

「日本では自分より身長の高い人と対戦することなんてないから、(この遠征では)ファウルのもらい方ひとつとっても考えてやらなければならず、自分から仕掛けないと攻めることもできなかった。そのせめぎ合いがとても面白くて、楽しくてしょうがなかった。もしかしたら、自分は今すごく成長できてるんじゃないかと感じながらプレイしていました」

 新しい扉を開けてしまった今、もう過去の自分に満足することなどできない。渡嘉敷は世界選手権のデビューを、今か今かと心待ちにしている。

 日本では192cmの高さがあるうえに、運動能力のある渡嘉敷には敵がいない。本人も「日本では簡単に得点を取れてしまう物足りなさがある」と明かしたことがある。そのうえ、所属するJX-ENEOSはいまやWリーグで6連覇中という層の厚さを誇る独走状態だ。「優勝したい」思いこそ感じるものの、チームとしても、個人としても、渡嘉敷にはもう国内にはライバルはいないのではないだろうか。だから何度か聞いたことがある。

「日本を飛び出して海外でプレイをしたいと思わないか?」

 しかしこれまでの渡嘉敷は、「いつまた足の骨が折れるのかという恐怖があって、海外のリーグに行くなどという考えは持てない」と話していた。でも今は違う。

「アジアでMVPをもらってから、その考えは変わりました。自分が成長していくためには、自分よりも高さやうまさがある選手と対戦すること。それは日本を出ることなんじゃないかって思っています。だから、この世界選手権ではチームが困った時に自分がどこまで導けるかをテーマに戦って、『日本の渡嘉敷来夢』という名前を世界の人に知ってもらう大会にしたい」

 果たして、今回の世界デビューは、渡嘉敷来夢のバスケ人生において、どのくらいの衝撃を与えるだろうか。

 日本が決勝トーナメントに進むには"死のA組"で最低1勝することが必要。冒頭でも述べた通り、予選ラウンドを勝ち抜くことは容易ではない。だが、どんな結果になろうとも、日本のエースが決意を持って臨む大会からは得られるものが大きいはずだ。渡嘉敷がエースとして牽引できるか、日本の可能性が見える大会になるか。この世界選手権では両方に注目していきたい。

小永吉陽子●取材・文 text by Konagayoshi Yoko