北朝鮮外相が「米国の敵視政策により必然的に核保有を決断した」と国連総会で演説

ざっくり言うと

  • 北朝鮮の外相が27日、国会総会の一般討論で15年ぶりに演説した
  • 「米国の敵視政策や核の威嚇により必然的に核保有を決断した」と主張
  • 米国の敵視政策が終われば核問題は解決するとして、米の譲歩を求めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング