[アジア大会]仲間の思いも背負う、DF遠藤「貴の分も頑張りたい」

写真拡大

 アンカーとして、そしてボランチとして攻守に存在感を放つU-21日本代表のDF遠藤航は、翌日に控えた完全アウェーとなる準々決勝韓国戦を「シンプルに楽しみ」と話した。

 完全アウェーになることが予想されるが、「相手の方が絶対にプレッシャーがあると思いますし、僕らは観客が多く入っているところでしっかりプレーできることを楽しみながらやっていきたい」と意に介さない様子だ。

 前日には、負傷していたDF西野貴治の帰国が発表された。同部屋としてともに時間を過ごしてきた遠藤は、「貴も最後までいたいという話をしていましたが、これは仕方のないことだと思います。貴からは『勝って下さい』と言われました」と帰国する西野と言葉を交わしたことを明かした。

「今回は(杉本)大地(アジア大会直前の国内合宿で負傷離脱)もケガで抜けてしまいましたが、そういう選手のことが頭にあるので戦う気持ちも変わってくると思います。『貴の分も頑張る』という話もしましたので、頑張りたい」と語ったように、離脱した仲間の思いも背負い、日韓戦に挑む。

(取材・文 折戸岳彦)