首位と3打差十分射程圏内の片山晋呉(撮影:上山敬太)

写真拡大

<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ 3日目◇27日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>
 JGA、JGTO、アジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」の3日目。トータル5アンダーのリャン・ウェンチョン(中国)が単独首位に立ち、1打差の単独2位に山下和宏がつけた。さらに1打差の3位タイには宮里優作、竹谷佳孝、塚田好宣がつけ、さらに1打差の6位タイグループには片山晋呉ら8選手がつけている。
片山らの3日目のプレーをフォトギャラリーで振り返る!
 以下に主な選手のコメントを掲載する。
○リャン・ウェンチョン(トータル5アンダー単独首位)
「ティショットが何回かラフに入って苦労したが、アプローチ、パターが良かった。気持ちを切らさず、辛抱強くプレーできた。グリーンがやわらかいので、ボールが止まるからいいが、突っ込んでいって奥にこぼすと難しい。今日は風も強かったので、忍耐強くプレーした。日本でまだ優勝したことがないので、何とか勝ちたい。明日はみんな攻めてくると思うので、自分も攻めていきたい」。
○宮里優作(トータル3アンダー3位タイ)
「(7バーディ)これだけ獲れるとは思わなかった。ティショットが良かった。パーパットを上手く拾えて、バーディチャンスにつなげられた。ショットが本当に絡んでくれたので、けっこう楽にできた。昨日スイングが噛み合わなかったので、ちょっと修正したらそれが良かった」。
○竹谷佳孝(トータル3アンダー3位タイ)
「不安だらけです。こういうコースは自分に向いていると思ってやっているのでいいのかも。振らなくてもいいし、林やラフにダメなところは自分に向いている。意気込むと本性が出るので、さらっとやってきます。さらっと」。
○片山晋呉(トータル2アンダー6位タイ)
「(ショットの感触)大分良くなってきた。あとは身体の不安だけですね。痛み止め飲んだり、良い状態じゃないから。(難しいセッティング)元気だったら、相当テンション上がってるね。昨年とかなら全然上がっているけど、今年はやれているだけで十分という感じでやっている。(最終日)まずは18ホールやること、それが1番。今日は良い組み合わせ(小田孔明と石川遼と同組)だったので自然と気合が入った」。
<ゴルフ情報ALBA.Net>