<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目◇27日◇利府ゴルフ倶楽部(6,499ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の2日目。今季2勝目を狙う大山志保はこの日2つスコアを伸ばしトータル4アンダーでホールアウト。順位は4位タイに上がったが、首位との差は3打差に開いた。

 「アイアンが良くなかった」とこの日は思うようなプレーができなかった大山。しかし、この大会ではどうしても優勝したい理由がある。ここ宮城には大山の熱心なファンが集まった通称“チーム大山”がある。この日は20名がおそろいの水色のベストに身を包み、大山を応援。「私が賞金女王になった年ぐらいから、応援してもらっている」という。
 “チーム大山”の中心人物、寺嶋諭さんによればメンバーの総勢は約60名。本当は大山の好きなターコイズブルーのベストを作りたかったそうだが、生地が無く水色になったという。「ゴルフに対するマナーが素晴らしい。それに本当に彼女は優しいんです」、大山とはプロアマ戦で知り合い意気投合。人柄やゴルフに対する姿勢に感銘を受け応援を続けているという。
 「震災の前から毎年応援してもらっています。復興が思うように進んでないらしくて、しかも忘れらてきている。私としては何かできないか考えています」と彼らの存在が大山のモチベーションを大きく上げている。首位とは3打差あるが、「このコースでは何が起こるか分からないですから。攻めて攻めて、攻めきります!」と上位陣に喰らい付いて逆転優勝を狙いにいく。
 ガッツポーズに豊かな表情。いつも熱いプレーを見せてくれる大山だが、明日はさらに気迫のこもったプレーを見せてくれそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>