<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目◇27日◇利府ゴルフ倶楽部(6,499ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の2日目。22位タイから出た昨季の賞金女王、森田理香子が5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。スコアを3つ伸ばしトータル3アンダー、首位と4打差の6位タイに順位を上げた。

 「今日はもったいないところが多かった。でも60台で回れたのでナイスプレーだと思います」とこの日のラウンドを振り返った森田。先週は予選落ちを喫したが「スイングも頑張って直してますし、ドライバーのシャフトも変えて試したりしています」と復調のために試行錯誤している。
 スイングでは「腰が引けないように注意しています。腰が引けると球筋が変わってしまう。良くなってきてると思います」と復調の手ごたえを得た。そして、ドライバーのシャフトは先週にテストをしていた、フジクラの『スピーダーエボリューション』に変更。こちらも「左に行かないので思いっきり振れている」と好感触を得た。
 昨年はイーグルを8回、一昨年は11回出したが今季はここまでゼロ。「ショットもパットも悪いということ」と女王の座を得た昨年と比べると思うようなプレーは出来ていない。「8番も18番も乗せられるので。明日はイーグルトライしたいですね」。イーグルが森田の好不調を計るバロメーターで「気持ちや集中力も必要。イーグルが獲れたら集中も出来ている」。来週はメジャー「日本女子オープン」控えている。2012年に勝ったこの大会で勢いをつけることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>