石川遼、スコアを崩し大きく後退(撮影:ALBA)

写真拡大

<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ 3日目◇27日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>
 JGA、JGTO、アジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」の3日目。予選を通算イーブンパー27位タイで通過した石川遼が3日目のフロントナインを終え、2バーディ・4ボギー・1ダブルボギーで4つスコアを落とし通算4オーバー、58位タイまで順位を落とした。
 この日、裏街道の10番からスタートとなった石川。そのスタートの10番で幸先良くバーディ発進。しかし続く11番でボギーを叩くと12、13番と連続ボギーでスコアを落としてしまう。その後1つバーディを奪うも16番ボギー、さらに折り返しの18番ではダボと大きくスコアを崩した。前半は大きくスコアを崩した石川、後半で巻き返しできるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>