ASKA被告「懲役3年、執行猶予4年」で有罪が確定、控訴しない方針

ざっくり言うと

  • 覚せい剤使用などの罪に問われたASKA被告について27日、有罪が確定する
  • 26日、検察、弁護側双方が控訴しない方針であることがわかった
  • 懲役3年、執行猶予4年で確定し、被告は薬物依存の治療を続けるとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング