ロボットの明日は君が決める! スーパーロボット展、支援金募集開始

写真拡大

クラウドファンディングサイト・kibidangoにて、10月25日(土)に開催される「TOKYO DESIGNERS WEEK 2014」における「スーパーロボット展」開催のための資金調達を目的としたプロジェクトを開始。

クラウドファンディングで資金を調達するのは、29年間の「TOKYO DESIGNERS WEEK」史上初の試み。

目標資金は80万円、締切は10月22日(水)23時59分まで。出資金額によって、2500円での観覧コースや、6000円での交流コース(ペアでは10000円)などの特典が用意されている。

説明しよう!「スーパーロボット展」とは!


re0-docomo


デザインやクリエイティブの視点に特化したロボットイベント。最新アンドロイドや、潜水ロボット、メディアアートまで豊富なラインナップで日本最高峰のロボットが展示される。

従来のロボット展と異なるのは、“TOKYO DESIGNERS WEEK 2014”のコンセプトの1つである”Technology x Creative”を重視している点。

展示を見るだけなく、ロビの生みの親であるロボットクリエイター・高橋智隆さんや、オタマトーンの開発などで知られるアートユニット・明和電機と交流することもでき、様々なジャンル・職業から「未来感がある」ロボットの制作者が集まり、来場者も出店者と共にテクノロジーとデザインの未来について語る参加型のイベントとなっている。

きゅんくんさんも参加!


また、東工大附属高校発スタートアップチームとして水中ロボットなどを開発しているTryBots(トライボッツ)や、tofubeatsさんの楽曲「Come On Honey! feat. 新井ひとみ(東京女子流)」のMVへの出演も記憶に新しいロボティクスファッションクリエイターのきゅんくんさんも参加。今後、参加アーティストが増える可能性もあるそうだ。

※記事初出時、支援締切の一部が古い情報となっておりましたのでお詫びして訂正いたします