9月特集 アジア大会2014の発見!(12)

 アジア大会3日目の9月21日から行なわれている競泳。個人6種目に出場した注目の萩野公介は、自身の専門種目である個人メドレーで圧倒的な力を見せて快勝と、ワールドクラスの力を証明した。

 ひとつ目は22日の200m個人メドレー。最初のバタフライでは「少し手前からターンを意識して顔をあげ過ぎてしまったのでストロークが短くなったのか、タッチが合わないミスをしてしまった。もう1ストローク増やせば良かったかもしれない」と反省するが、50mは2番手に0秒24差をつけて折り返した。

 得意の背泳ぎでも28秒98のベストラップで泳ぎ、2位に上がった藤森太将に1秒44の大差をつけた。平泳ぎでその差を2秒47差まで広げると、最後の自由形では50mをただひとり27秒台前半で入る27秒42で悠々と泳ぎ切り、自己新でありアジア新記録の1分55秒34で優勝した。

 これは世界ランキング2位のライアン・ロクテ(アメリカ)に0秒68差をつける今季1位の記録。

「1分54秒台は細かいミスもあって出なかったけど、こういうこともあるんだなと思いました。ただ、そういう状態でも55秒台前半がコンスタントに出せるようになっているので、54秒台も見えてきたし多分すぐに出ると思います」と自信を深めた。

 そのあとに行なわれた800mリレーでも2泳を務め、中国の主力の孫楊(ロンドン五輪200m2位、400m優勝)が欠場したこともあり、全選手中最高の1分44秒97のラップタイムで泳ぎ、独泳状態を作って優勝の原動力になった。

 そして24日の400m個人メドレーでは、前日の400m自由形で孫楊と競り合った疲労もあったせいか、これまでと違うレーススタイルを見せた。

「昨日のレースの疲労は意外とありましたね。朝の予選でタッチした瞬間に4分18秒77というタイムを見てちょっとガッカリしてしまいました。連戦の疲れが出ていて体も重かったけど、最初のバタフライが55〜56秒で泳いでいると思ったのに57秒07だったので、ちょっとヤバいかなと思って......。トレーナーさんたちにも『今日は厳しいかもしれない』と言っていたんです。だから決勝は気持ちだけは負けないようにして。あとはフォームさえ崩さなければある程度のタイムは出せると思ったので、泳ぎを崩さずいいレースをしようとだけ思っていました」

 今シーズン、決勝では最初のバタフライを気持ちよく泳ぎながらも速く泳いで、残りの3種目に繋げる、と考えているのだが、その最初のバタフライはベストラップより1秒以上遅い56秒36で通過だった。いつもなら差をつける得意な背泳ぎでも「今日はストロークがきつかった」といい、抜け出すことができず、逆に中国の黄朝昇に抜かれて2位に。平泳ぎは少し抑えて1分11秒23のラップで泳ぐと、トップの黄には0秒81差でもうひとりの中国勢の楊之賢や瀬戸大也にもかわされる4位での折り返しになった。

 だが自信を持っている自由形では50m手前で先頭に追いつくと、ターン後、一気にスピードアップ。ぐんぐん差を広げると最後の50mは200m個人メドレーの時のラップを上回る26秒91でカバーし、2位に2秒以上の差をつけてゴール。記録も4月の日本選手権で出したアジア記録に、0秒14及ばないだけの4分07秒75で圧勝したのだ。

「いつもとは違うレース展開でしたが、その中でも新しい展開で1番を取れたのは良かったと思います。いいところが1割で悪いところが9割という感じだったけど、タイムを見た時は4分7秒までいったんだという驚きもありましたね。このくらいのタイムを出すためだけだったら、こういうレース展開でも出るけど、これから4分5秒台、4秒台を狙うためには、前半からもっと積極的にいって最後の自由形でも今日くらい粘れるようにしないとダメですね」と萩野はレースを振り返る。

 このアジア大会、専門種目の個人メドレーではともに安定した勝利を見せたが、それ以上に収穫だったのは自由形での好成績だ。彼を指導する平井伯昌コーチは「今日のようにいろんなパターンで勝てるようになるのは必要だし、経験としては記録を出すということも必要。でも今の萩野には、それ以上に勝ち続けることの方が大切だと思う。その意味でもパンパシに続いて優勝したのは大きな財産になるし、その中でも200m自由形で勝ったことは大きい」と話し、こう続ける。

「今のアジアを世界のレベルと比較した時、最も高いのは孫楊や北京五輪とロンドン五輪の2個ずつメダルを獲っているパク・テファン(韓国)がいる自由形中距離だと思っていました。そこで400mでは敗れて2位になったが200mでは優勝と、世界のトップスイマーである彼らと対等に戦えたことは萩野にとって大きな自信になるはずです」

 大会初日の200mの萩野の優勝タイムは、日本記録の1分45秒23。彼自身が「勝ったとはいえ、孫選手にもパク選手にも記録ではまだ離されている。これからもっと練習をして、ふたりに認めてもらえるように頑張りたい」と話したように、彼らのベストタイムはともに1分44秒台。レースで萩野が勝利できた理由のひとつとして、パクをマークしていた孫の心の隙を萩野がついたことだった。

 翌日の23日の400m自由形では、孫が真剣勝負を仕掛けてきた。

「最初から先行して100m通過時点では体半分はリードしておきたかった」と萩野は話すが、50mの折り返しでつけていた0秒57差を、100mでは孫に0秒23差に縮められて、そこからはリードを許した。

 そして「200mからは少し落して最後の100mで勝負しようと思っていた」という萩野。ところが、孫が萩野を少しリードして泳いでいたことで、感覚が狂って、「200〜300mは少しペースを落とし過ぎてしまい、最後まで体力を余らせるレースになった」という。

 結局その区間も孫は萩野の29秒43、28秒67というラップライムより少しずつ速いラップで泳いでその差をジワジワと広げると、ラスト100mも27秒53、26秒44と萩野を少しだけ上回るラップタイムで泳いで、200mの雪辱を果たしたのだ。孫の慎重な泳ぎは、ターンの前には必ず左右を見て、両隣の萩野とパクの位置を確認するほどだった。

 五輪王者の孫をそこまで警戒させたのも、今季、萩野の自由形が進化しているからだ。平井コーチは4月の日本選手権以降、パクの足の蹴りが休むことなく打ち続けているのを参考にもして、硬めのフィンを使ってのキックの練習を取り入れたという。それによって脚力が強くなり、最後まで脚が止まらなくなった。

 さらにインターバルトレーニングの工夫やスタートの練習やターンの時には水中でのドルフィンキックを必ず6回は打つことを徹底的に意識させ、心肺機能を向上させた。それらの効果でスピードがつき、9月の日本インカレでは100mで48秒75を出したほど。4月の日本選手権での400mに続き、アジア大会の200mでも、09年の高速水着時代に内田翔が出していた日本記録更新を果たしたのだ。

 だが彼にとってはそれはすべて、オールラウンダーとして成長し、目標とする個人メドレーでの世界記録樹立を果たすための準備だ。そしてその準備は着々と進んでいる。萩野はリレーを含めて4個の金メダルを獲得し、アジア大会を確かな成長の場とした。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi