サリサリカリー スリーコースセット

写真拡大 (全9枚)

 横浜市商店街総連合会は、6月1日から8月31日まで開催していた『ガチカレー!』の結果を、9月23日に発表した。

 同イベントは、“ガチでうまい横浜の商店街カレーNO.1決定戦”で、横浜市内の商店街から全73品のカレーがエントリー。ハガキとインターネットによる投票を行い、期間中に有効投票数全8,692票を集めた。

 807票を獲得し、金賞を受賞したのは、「サリサリカリー」の『サリサリカリー スリーコースセット』。同店のカレーはパキスタンの家庭の味を忠実に再現した、水を一切使わず味付けは塩のみという製法で、香辛料は漢方として12〜13種類を、体のためだけに使用しているとのこと。

 以下、728票の『バターチキンカレー』(インドネパール料理 ヒマラヤ)、571票の『カツカレーパン』(横浜パンの家)、554票の『「鮮烈な香り」のチキンカリー』(南インド料理 ガネーシュ)が銀賞を受賞。『ぷらさんぬ 元気!☆夏カレー』(パンとカレーの店 ぷらさんぬ)、『ビーフカレー』(アステカ)、『炭焼きチキンカレー』(千串屋本舗 二俣川店)、『牛タンカレー』(横濱焼肉食堂)、『野菜カレー』(Chez・moi)が銅賞を受賞している。