最後のロビン・ウィリアムズ名演、「ナイト ミュージアム」の最終章。

写真拡大

博物館の展示物たちが真夜中に動き出し、アドベンチャーを繰り広げた大ヒットシリーズ「ナイト ミュージアム」。そのシリーズ最終章「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」が、2015年3月に全国公開される。そしてこのたび、お馴染みのメンバーが勢揃いしたポスタービジュアル第1弾が解禁。最大級のスケールで描かれるストーリー展開、そして新キャラクターの存在が明らかになった。

今回、博物館の仲間たちを襲うのは、シリーズ史上最大の危機。展示物たちに生命を吹き込むエジプトの石版“タブレット”に異変が起こり、マジックの力が消えてしまうというのだ。物語は現代のニューヨークから1930年のエジプト遺跡、さらにロンドンへ。博物館の展示物たちを動かしていた魔力は、なぜ消えかかっているのか? 過去と現在、世界を舞台に、シリーズ最大の謎がついに暴かれ、ロンドンの街中でのチェイス、トリケラトプスとの死闘など、シリーズ最大スケールの見どころが満載だ。そして、ミュージアムには、せつなく、決して忘れられない夜明けが訪れると言うのだが……。

解禁されたポスタービジュアルには、有名なマウリッツ・エッシャーのだまし絵の中に迷い込んだ仲間たちが描かれている。主人公の夜警のラリー、セオドア・ルーズベルト大統領、アクメンラー、いたずら好きの猿デクスター、そしてあの犬猿の仲のオクタヴィウスとジェダイアなど、お馴染みのメンバーが顔を揃える。

また、新しいメンバーの女性警備員や騎士に加えて、なんと鎧兜を着用した日本の“サムライ”の姿も。彼は展示物なのか? 動き出すのか? 新たな展開に期待が膨らむ。何より気になるのはキャッチコピーの「ついに閉館!?」という文字。奇跡によって出会えた仲間たちは、魔法の力が消え、動けなくなるという危機に直面する。果たして「ナイト ミュージアム」は本当に閉館してしまうのだろうか。

ラリーに扮するのは、もちろんお馴染みのベン・スティラー。また、謎のカギを握るアクメンラーの父役で、名優ベン・キングスレーが登場する。そして愛すべきセオドア・ルーズベルト大統領役は、先日、世界中から惜しまれつつこの世を去ったロビン・ウィリアムズだ。最後の名演も心に焼きつけておきたい。

映画「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」は2015年3月、全国ロードショー。