赤木しげる命日に追悼動画「神域の男フィギュア」作ってみた いかん、目から汁が出る…

写真拡大

 1999年9月26日、福本伸行の麻雀漫画『天 天和通りの快男児』などに登場した人気キャラクター赤木しげる(享年53)が死去した。

 その命日となる9月26日、『【追悼】神域のねんぷちっぽいもの作ってみた【ねんぷち改造】』というファン動画がniconicoに投稿された。

【関連:実写『るろうに剣心』のパロディ動画『ふろうに剣心』が謎の完成度】

【追悼】神域のねんぷちっぽいもの作ってみた【ねんぷち改造】

 動画の投稿者及び、フィギュアの作者は1000さん。既存のフィギュアを改造して作っているそうだ。顔は、顎や鼻などの特徴を表現するため、型を取り複製。元となるパーツにパテを盛り、襟や指を削りだす、シャツの模様を描くなど、10日の製作過程を経て完成したそうだ。動画では細かな製作工程が紹介されている。

 再生数は投稿されたばかりなのでまだ伸びていないが、それでも赤木を偲ぶ人達から「今日の東京はスカッと晴れたいい天気だよ赤木・・・」「今日は酒を飲んで赤木を追悼しよう」といった声が寄せられている。動画URLはhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm24551379

【追悼】神域のねんぷちっぽいもの作ってみた【ねんぷち改造】

参考: