ユリカ/花たん『The flower of dim world』

写真拡大

実力派ボーカリストとして知られるユリカ/花たんさん。二つの名義を使い分け、その圧倒的な歌唱力からニコニコ動画や同人音楽のシーンで大人気の彼女が9月24日(水)にアルバム『The flower of dim world』をリリースした。

ロックやメタルの楽曲でまとめられたコンセプトの今作は、自身3枚目のメジャーからリリースされるフルアルバム。すでに「歌ってみた」の動画カテゴリで活躍する歌手としてはベテランの域にいるユリカ/花たんさんは、なぜ多くのファンから絶賛され続けるのか。

その歌声の秘密、そしてこれまで表に出てこなかったその素顔に迫るべく、インタビューを敢行!

ニコニコ動画同人音楽メジャーシーン等の数々の場所で活動し、歌い続ける彼女はいま何を見据えているのか、話をうかがった。

実力派ボーカリストの裏の顔は引きこもり?



──花たんさんといえば、歌い手さんの中でも長いキャリアと実力のある歌唱力を持つボーカリストであることで知られています。普段はどんなトレーニングや練習をされているんでしょうか。

花たん 普段は、特に歌の練習などはせずに……家に引きこもってばかりいます。小さいころから親と一緒にカラオケに行くくらいで、歌うのは完全に趣味だったという感じです。

吉原ラメント 歌ってみた



【ニコニコ動画】✿ 吉原ラメント 歌ってみた ver.花たん

──え! 明らかに訓練されているであろう歌声じゃないですか?

花たん いえ、最近はアニメ『弱虫ペダル』を観たり、『FF14』を延々とプレイしてばかりで……レベルが上がるのが異様に早くて周りのプレイヤーからもドン引きされています。

もともと小さい頃からお母さんが歌う曲以外は、自分で好んで音楽を聞く人間じゃなかったんです。音楽に対して人並みに興味を持ちはじめたのも遅くて、高校生ぐらいからなんですよ。最近だと街中に止まっているロードバイクを毎回チェックしてしまうのが癖で。今度『弱虫ペダル』の荒北というキャラクターと同じ自転車を買おうと思っています。

引きこもりはじめると、友達との約束すら「ごめん! 予定ができちゃった」とかブッチするくらいで……。でも引きこもっている時も、歌はよく歌っていました。

──それは意外な素顔ですね……。ニコニコ動画にアップされる前というのは何をされていたんでしょうか。

花たん 歌手になりたいという執着や夢も何もなくて、動画をアップする前は「私、将来生きていけるのかな……」という漠然とした不安感と共に、やはり家に引きこもってゲームばかりしていました。学校も、高校を卒業してからはずっとアルバイトを続けながら、適当に生きている感じで。

ずっとそんな生活を続けていたんですが、歌以外にイラストを趣味で描いていまして、それでpiapro(クリプトン・フューチャー・メディアが運営するCGM)に投稿していました。そうしたら、ある日、とある歌い手さんからイラストを使わせていただきましたという報告があり、そこではじめてニコニコ動画に「歌ってみた」という大きなジャンルがあることを知って、自分でも歌ってみようと思ったのが動画を投稿したきっかけです。その方はもう動画を投稿されていないのですが、感謝しています。

──最初の動画「ハジメテノオト」を投稿してみて、いかがでしたか? 「歌ってみた」はいまではニコニコ動画の軸ともいえる人気ジャンルだと思いますが。

花たん はじめて投稿したのは2008年ごろなんですが、全然知識がなかったので、Skypeのマイク機能でパソコンに音を入れたりしていて(笑)。そんな動画だったんですが、アップをしてみて、いろんな方から反応をもらえて嬉しかったです。

それまでは知らない人に歌を聴いてもらうなんて、恥ずかしくて絶対にできないことだったんですが、動画投稿だと匿名文化が前提にあるので、それが良かったのかもしれません。その後も動画を投稿していって、次第に認知されてきて、ずっと続けていきたいなという気持ちも生まれていきました。「歌ってみた」というジャンルだったら、私に歌うきっかけをくれた歌い手さんみたいな反応がもらえたりするのかな、と。

私にとって歌は趣味で、友達や家族遊びにいくカラオケくらいしか歌を披露する場がなかったので、知らない方から褒められるという経験ははじめてでした。友達に「上手いね」言われてもほんとかな?って疑っちゃうタイプだったので、動画でコメントをいただくことで自信になった部分はあります。家族には小さいころから夜中にカラオケオールとかに連れて行かれたりしていて、歌に触れている時間だけは結構長いのかもしれないですね。今回のアルバムも、引きこもりながら自宅で歌った音源がレコード店別の特典になっています。

ハジメテノオト 歌ってみた。



【ニコニコ動画】ハジメテノオト 歌ってみた。**歌いなおしあげました・・・。

【次のページ】有名ボカロP・OSTER projectを迎えての共作について

有名ボカロP・OSTER projectとの共作



──今回のアルバム『The flower of dim world』では、90年代のアニソンをカバーされていますが、好きな音楽のジャンルはどんな感じなんでしょうか

花たん 今回のアルバムのコンセプトというのは、ロックやHR/HMな感じの楽曲を集めたものなんです。なのでカバーさせていただいたアニソンもロック寄りの楽曲から選曲させていただいたんですが、好きなジャンルにこだわりはないです。ロックが好きといっても、今作をつくるまでロックというジャンルが数えきれないほど細分化しているのも知りませんでした(笑)。

好きなアーティストさんも2〜3人はいるんですが、「この曲良い!」ってなったら何度も繰り返してリピートするタイプです。子供のころに観たアニメはやっぱり曲も印象に残っているので、今回は『ふしぎ遊戯』のED「ときめきの導火線」や『魔法騎士レイアース』のOP「光と影を抱きしめたまま」などを歌わせてもらっています。

『The flower of dim world』クロスフェード



【ニコニコ動画】✿ YURiCa/花たん3rdアルバム 『The flower of dim world』 クロスフェード

──ボカロPとして黎明期から活躍されているOSTER projectさんがプロデューサーとして参加されていますが、OSTERさんはロック系ではないイメージがありました。

花たん そうなんです。私もOSTERさんは昔から知っていたんですが、おしゃれな楽曲が私の中で印象強かったです。けれど「花たんならこうやって歌ってくれるだろう」「花たんしかこれは歌えないだろう」という楽曲がたくさんあって、私の声に寄せて作曲してくれたのだと思います。

OSTERさんがボーカルディレクションをすべてやってくださって──でも実はすごく厳しい方で(笑)。いまの時代って楽曲をレコーディングした後も、かなり大胆に修正や編集ができてしまうんですが、OSTERさんは、それを絶対に許さないタイプで。私が自分で録音するときは、後で編集することを考えて、ニュアンス重視で歌うことが多いんですが、OSTERさんはそれを許さないんですよ。少しでも想定している音と違えば、そこが完璧なものに仕上がるまで、延々と歌わせられるんです! 大変だったんですが、自分の中で成長できたし、挑戦的だったし、変われたと思っています。

──信頼関係があるから突き詰めて作品づくりができるわけですね。OSTERさんとは昔からお知り合いだったのでしょうか。

花たん 昔から知り合いではあったんですが、2年前にOSTERさんが作曲・作詞の「狐ノ嫁入リ」という曲を歌わせていただいたところから仲良くしてもらっています。OSTERさんもすごく気に入って下さって、私もそこでOSTER projectさんってこんな曲もつくれるんだ! という驚きがあって。その後もいろいろ一緒にやらせていただいて、今回は念願のアルバム・プロデュースをしていただく形になりました。

✿狐ノ嫁入リ 歌ってみた



【ニコニコ動画】✿狐ノ嫁入リ 歌ってみた ver.花たん

──音はロックですけど、メロディーがポップで、アニソンにも合うような曲が多いですよね。

花たん OSTERさんと一緒に、去年くらいからアニメやゲームの曲を歌えたらいいよね、と話していて。だからOSTERさんもそういった楽曲をたくさんつくってくれたのかなと。いつも二人で「いつかがんばろう!」という話はよくしています(笑)。

──『The flower of dim world』はシンガーソングライターの天野月さんや元ホワイト・スネイクのダグ・アルドリッチさんという豪華な作曲陣が参加している反面、最後の楽曲は花たんさんが作曲されているという構成も印象的でした。

花たん 担当さんから「お前が作曲をやれ」と言われて……。気合いを入れてDTMのソフトを購入したんですが、最終的にメロディーしか送れませんでした……。あとは編曲を担当してくれたいちにぃさんとsu-keiさんが良い感じに仕上げてくれました。楽器も小学校5年生までピアノを習っていたんですけど、不真面目過ぎたのか、特に身に付かなかったです。

ユリカ/花たんという二つの名前の秘密



──今作も含めて、これまでリリースした作品の名義は「ユリカ/花たん」となっていますが、二つの名前はどのように使い分けされているんでしょうか。

花たん ユリカという名前は同人音楽の方面で活動するときに使わせていただいたんですけど……でも最近は同人でも花たんという名前も使いはじめていて、結構適当になっちゃった感があります(笑)。本当はユリカという名義で活動したかったんですが、やはりニコニコ動画から入ってくれた人には花たんという名前が馴染みがあるみたいですね(笑)。花たんという名前で「歌ってみた」の動画を投稿しはじめたときは、こんなに多くの方に聞いてもらえるようになるとは全く思っていなかったので、「花たん」なんて適当な名前をつけてしまって……今は結構後悔しています。けれどこれまでのアルバムのタイトルには全部「FLOWER」と入っています。

──矛盾を孕んでいて逆に素敵だと思います(笑)。昔つけたハンドルネームを撤回するのは難しい問題ですよね……もともとインターネットはよくやられていたんでしょうか。

花たん そうですね。もともと中学校くらいから家にパソコンがあったので、インターネットはやっていました。ニコニコ動画ができた2006年、「歌ってみた」がまだジャンルとして認知されていないころから見ていました。いまでいう「歌ってみた」的な動画があることは私も知らなくて。当時のニコニコ動画は無法地帯で、アニメの動画がアップされていたりとか、そっちにばかり目がいってた気がします(笑)。いまも人気ですけど、ゲームプレイの実況動画が好きでよく観ていましたね。人がゲームしているのがなぜかすごく楽しくて。

──ニコニコ動画は、これまで数多くのクリエイターを生み出してきましたが、そういった中で、有名になるとニコニコ動画に投稿しなくなる方も多いです。一方、花たんさんもメジャーからアルバムを3枚を出されているのに「歌い手」としての活動をされていると思います。ニコニコ動画というサービスやユーザーには、どんな意識で向き合っていますか?

花たん 私は「歌ってみた」の動画を聞いて下さった方たちに育てていただいた、という感謝がまずあります。ニコニコ動画での活動を辞めて、外の世界にいくのは違うかなと考えていて。でも、ニコニコ動画はずっと在り続けるけど、前に進まないと、ずっとそこに止まるだけではいけないという気持ちもあります。これまでのようにニコニコ動画に歌をアップしつつ、いろんな場所で歌っていきたいです。

はじめてレコード会社からアルバムのオファーをいただいた時も、すでに「歌ってみた」のユーザーがアルバムをリリースするのが流行っていた時期で、周りからいろんな話を聞いていて「なんか面倒くさそうだな」という感想だったんですね(笑)。二社からお話をいただいたんですが、最初はどちらもお断りしようと思っていました──というかお断りしたんです(笑)。メールで直球で「嫌です」と返信したんですが、焼き肉が無料で食べれるよと誘われて(笑)。そこから半年くらい話し合いを続けて、最後に決心しました。

大きな野望もありはするんですが、性格的に面倒くさいと思ってしまって、CDを出すことになっても、自分がどこまで行けるかというビジョンもなくて……でもアルバムを1枚出すだけで「はい、良い思い出できましたね。さよなら」みたいになるもの嫌でした。だから担当さんに「1枚だけじゃなくて今後の将来も面倒みていただけるなら私、つくります!」みたいな感じでOKしました。

【次のページ】ニコニコ動画、同人音楽、メジャーというそれぞれの場所

ニコニコ動画、同人音楽、メジャーというそれぞれの場所



──同人やニコニコ動画での活動と、メジャーでCDをリリースするのとで、創作のモチベーションは違ったりしますか?

花たん 同人にしかできないこと、メジャーにしかできないことを意識しながら作品をつくっています。今作の『The flower of dim world』ですと、シンガーソングライターの天野月さんや元ホワイト・スネイクのダグ・アルドリッチさんに曲を書いていただいたり、それは同人の作品や自分一人の力じゃ絶対にできないことだと思うんです。

逆に同人の場合だとCDにどんな特典をつけたらお客さんに喜んでもらえるかな? と考えたり、全体のプロデュースまで自分で行うので、そこが面白い部分だと思います。同人音楽だと直接買って下さる方一人一人の顔が観れるし、直接顔が観れるのが大きいし、メジャーだと同人のCDよりもたくさんの方に手にとっていただけて、リリースイベントなどもしていただけたり。そういった違いが自分にとっては大事です。

趣味を仕事にするのって、すごく苦だなと思うことが、経験上あって。歌もお仕事になったらすごく苦しいものだと最初は思っていたんですが、私は歌うことが一番好きだったみたいです。こうやって3枚もアルバムを出せたことは、1枚1枚出すごとに発見があったり。性格的に変われた部分もありましたし、歌うというお仕事というのは、恵まれてるんだなと今は思っています。

──『The flower of dim world』にもそんな花たんさんの考えが反映されているように思います。アルバムにカバー楽曲が収録されているのは、「歌い手さん」のCDによくあるスタイルだと思うのですが、花たんさんいとってカバー楽曲を入れるのはどんな意図があるのでしょうか。

花たん アニソンを中心に、他の人が歌っている楽曲がやはり好きで。カバーだけでアルバムをつくってみたいという気持ちもあります。カバーを入れる理由というのは、ネットで生配信をやったりすると、「アニメの曲を歌って欲しい」というリクエストがあるんです。だからアルバムにもしっかり録音した音源を入れたら喜んでくれるかなあ、という気持ちです。あとは、カバーは歌い慣れている曲が多いので、歌っていて楽しい(笑)。オリジナルは当然ながら見本がないから、作品が出来上がった後に「ここの部分はもっとこう歌えばよかった……」という後悔が、実は毎回あります。ただ、オリジナル楽曲だけの作品で勝負してみたい! という気持ちもあります。

世界は恋に落ちている 歌ってみた



【ニコニコ動画】✿ 世界は恋に落ちている ver 花たん

──聞いてくれるユーザーをしっかり見据えて活動されているということですね。最近の「歌ってみた」シーンについて思うことはありますか?

花たん 昔は、歌い手さんが「ニコニコっぽくない動き」をすると、ユーザーの方に嫌われるというか、バッシングを受けることが多かったんです。それが今は受け入られるようになってきたと感じています。おそらくニコニコ動画を観る人が増えて、閉鎖的なコミュニティから多様化が進行しているのだと思うのですが、周りの人たちがいろんなフィールドで活躍しているのを観ると、いい場所になったなと思います。でも最近は他の人の歌が上手すぎて、凹むことが多いですね(笑)。あとライブとかも積極的に出ていて、とても自分には真似できない……。

──たしかに、どんどんと表舞台で活躍する機会が増えていっていると思います。花たんさんは今後ライブの予定はありますか?

花たん 去年ぐらいからずっと担当さんからはツアーをやりましょうという話が続いているんですが、なにせ適当な方なので(笑)。ツアーも経験してみたいんですが、人前に出るのが苦手なので、実はライブに対してあまり前向きではないです。匿名でも活動できるのが歌い手の良いところだと思うんですけど……そう考えると逆に、他の歌い手さんたちがすごすぎて驚きますね(笑)。自分が「FF14」を寝ずにプレイしているのが異常なんじゃないかと思うくらいです。でも今回はインストアライブとトークをやるので、頑張ります!