写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、WEBポータル「goo ランキング」による「大切な人と一番行きたいクリスマス」ランキング調査において全国で第1位に輝いたことがこのほど、明らかになった。

昨年のイベント体験ゲストの「満足度96%以上」と高評価を得たクリスマスイベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」は、世界最高クオリティの感動体験が魅力で、シンボルである「世界一の光のツリー」は、"人工クリスマスツリーに飾られた電飾の最多数"として3年連続ギネス世界記録に認定されている。

さらに、プロジェクション・マッピングと壮大なパイロ(演出用花火)によって、輝きを際立たせるライブ・エンターテインメント「天使のくれた奇跡?〜The Song of an Angel〜」は、エンターテインメント業界において世界的権威を誇るティア・アワード最高の栄誉「アウトスタンディング・アチーブメント賞」を受賞している。

今回のgooランキングによるアンケート調査でも「世界一のツリーを間近で見てみたい」「別世界にいるような非日常を体感できる」と、世界最高クオリティに期待する声が寄せられている。また、「いま最も話題の場所だから行ってみたい」という意見もあり、今年7月に誕生した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」により注目度が高まっていることを裏付ける結果となった。新エリアには3年連続"世界最高アトラクション"に輝いている「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」があり、ここでも"世界最高"を体験できる。

なお、2014年度のクリスマス・イベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」の概要は10月初旬頃に発表される予定。また、今回のgooランキングの2位はハウステンボス(長崎)、3位は東京ディズニーリゾート(千葉)、4位は横浜ベイクォーター クリスマスイルミネーション(神奈川)、5位は榛名湖イルミネーションフェスタ(群馬)となっている。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン