男女全裸でサヴァイヴァル! 絶体絶命の究極ドキュメンタリー「THE NAKED」

写真拡大

お腹をすかせたハイエナたちに囲まれ、ライオンやチーターたちに狙われるなか、全裸で3週間、サヴァイヴァル生活に挑戦する番組「THE NAKED」が、10月16日からディスカバリーチャンネルで放送される。動物ドキュメンタリーのなかに、人間がいたら?をリアルに実感できるドキュメンタリーだ。

「男女全裸でサヴァイヴァル! 絶体絶命の究極ドキュメンタリー「THE NAKED」」の写真・リンク付きの記事はこちら

アフリカはタンザニア。セレンゲティというサバンナに、男性と女性が身ひとつで放り出される。文字通り、持ち物は一切なし。下着さえない真っ裸で、だ。まるでアダムとイヴのように1本の木の下で出会う2人。

EJ(男性・元軍人)とケリー(女性・アドヴェンチャーガイド)は、これから3週間にわたるサヴァイヴァル生活に挑む。洋服から、食料から、雨露しのぐテントさえない無防備な状態なうえに、まわりにはライオンやチーター、キリンやシマウマなど、人間よりはるかに大きい動物たちが、弱肉強食の世界で生きている。その環境で、彼らは生き延びていかなければならない。

彼らが所有を許されたのは、たったひとつだけ。あらかじめ選んだ一品だ。EJはナイフを、ケリーは調理器具としてだけでなく、コップやたらい、楽器としても使える小さな鍋を選んだ。誰しも、考えたことがある「無人島に持っていくもの」が、ここでは生死をわけるものになる。

火起こしに苦労する二人。(C)2014 Discovery Communications, LLC.

まず彼らがはじめたのは、荒れ地を歩くために、木からはいだ皮を使った靴づくり。しかしそれでも、人間のやわらかい足を攻撃する容赦ない自然。怪我をし、異物が足にくいこんでしまったEJは、番組を中断せざるをえないほど、傷が悪化する…。それだけではない。まわりにはお腹を空かせたハイエナが2人を狙う。安心して寝ることもできない。まともな食事をとることもできず、恰幅のよかったEJのお腹は、皮が目立つようになっていく。

果たして、2人は協力しあい3週間を乗り越えられるのだろうか。それとも、生き抜く為に、相手を欺いてでも腹を満たすべきなのだろうか。弱肉強食の絶対絶命ドキュメンタリーだ。

「THE NAKED」
ディスカバリーチャンネルにて、10月16日(木)22時放送スタート。

TAG

AfricaDiscovery ChannelSurvival