テイラー・マクファーリンが東京のキッズ20人とコラボ! 1日限りのワークショップで「音楽」が生まれた瞬間【音源も公開】

写真拡大

現在来日中のテイラー・マクファーリンが、多忙中の9月23日、東京の子どもたちのための「音楽ワークショップ」のために1日時間を空けてくれた。東京青山のINTERSECT BY LEXUSにおいて、10人ずつの子どもたちと2セッション。テイラーの魔法にかかると、子どもたちの声や演奏が、こんなクールでヒップな楽曲に! 贅沢すぎるワークショップを、気鋭の音楽評論家・柳樂光隆がレポートする。

「テイラー・マクファーリンが東京のキッズ20人とコラボ! 1日限りのワークショップで「音楽」が生まれた瞬間【音源も公開】」の写真・リンク付きの記事はこちら
テイラー・マクファーリン、来日公演をお見逃しなく!
東京公演は9月26日、渋谷・WWWで開催!

2014年9月26日(金)|open 19:00 / start 20:00|会場:渋谷WWW|前売チケット:¥5,400(1ドリンク代別途)
問い合わせ:BEATINK 03-5768-1277 / info@beatink.com

進化系ジャズの決定盤となったデビューアルバム『Early Riser』で、現代ジャズが向かう未来を担う存在にまで急成長を果たした彼が、大絶賛を浴びた新木場ageHaでのライヴの興奮も冷めやらぬ中、待望の単独公演!各所から寄せられた再来日を願う声を受け、至近距離ライヴが実現!

いま、その活動をあらゆるジャンルのリスナーが追いかけるLAのレーベル「Brainfeeder」。そのなかでも近年、破格の反響をえたのがプロデューサー、テイラー・マクファーリンの『Early Riser』だった。自身の演奏に加え、ロバート・グラスパーなどのジャズミュージシャンの演奏をラップトップ上で高度に解体再構築し、エレクトロニカ、ヒップホップ、R&B、そしてジャズを繊細に融和させたサウンドは、エレクトロニックミュージックをネクストレヴェルに引き上げた。

いまや、彼のプロダクションは多くのロック・ミュージシャンさえも虜にしている。また、祖父ロバート、父ボビーがともにブラックミュージックにおける伝説的なボーカリストであるこのサラブレッドは、自身の声のみでDJがプレイするようにビートを生み出すヒューマン・ビート・ボックスの圧倒的なスキルを武器に世界中を飛び回っているライヴ・ミュージシャンでもある。緻密なプログラミングと驚異的なヒューマンビートボックスのパフォーマンスを両立させるテイラーは、現代屈指のイノヴェイターのひとりであるといってもいいだろう。

そんなテイラー・マクファーリンが近年行っているのが、盲学校で音楽を教えること。ビートボックスとラップトップやサンプラーでのプロダクションを通じて、子どもたちと一緒に音楽制作を行いながら、彼らに音楽の楽しさを伝えている(関連記事:音楽は子どもに力を与える──ジャズの新鋭イノヴェイターの試み)。

今回、そのワークショップを、『WIRED』主催、レーベルのBEATINK、さらに次世代クリエイターの支援を積極的に行っているINTERSECT BY LEXUSの協力のもと、東京で実現した。さる9月23日に開催されたワークショップは午前、午後の部、各2時間。抽選で選ばれた小学校高学年10人ずつ、計20人が参加した。テイラーの曲づくりを至近距離で見ながら、「授業」の後には、そこでできた楽曲を、USBメモリでそのままお持ち帰りできるというなんとも贅沢な「授業」となった。


INTERSECT BY LEXUS -TOKYO

本イヴェントの会場となるINTERSECT BY LEXUSは、「都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる」をテーマに、デザインやアート、ファッション、カルチャーなどを通じて、LEXUSが考えるライフスタイルを様々な形で体験できるスペース。定期的にワークショップをはじめとするさまざまなイヴェントを行っている。
 
住所:東京都港区南青山4-21-26 TEL:03-6447-1540
1F Café & Garage 9:00-23:00(L.O. 22:30)
2F Lounge & Shop 11:00-23:00(L.O Food 22:00/ Drink 22:30)


TAG

CreativityHeadlineNewsHuman beat boxJazzMusicNew IdeaTaylor McFerrinWorkshop

テイラー・マクファーリン|Taylor McFerrin
伝説的ジャズシンガー、ボビー・マクファーリンを父に、アメリカン・ニグロ・スピリチュアル解釈のパイオニア、ロバート・マクファーリンを祖父に持ち、ブルックリンを拠点に、プロデューサー、作曲家、ピアニスト、DJ、ライヴ・ミュージシャンとして活動。フライング・ロータスから直接アプローチを受け、〈Brainfeeder〉からリリースしたデヴュー・アルバム『Early Riser』には、グラミー賞ノミネート・アーティストの他、ロバート・グラスパー、サンダーキャットといったジャズの新時代を担う面々が集う。

テイラーの授業は、彼の音楽性そのものだ。子どもたちはレクチャーを受けるというよりは、この気鋭のプロデューサーが普段通りに音楽をつくる過程に参加しながら、音楽の魅力を共に体感しているようだった。

フェンダーローズとシンセサイザー、ラップトップ、サンプラーの前に座ったテイラー先生の授業はビートボックス講座から始める。スネア、ハイハット、ベースなど、楽器の音を口で真似る方法を1ずつつ教えていく。それを2つ、3つと組み合わせて、子どもたちはすぐに口でビートを奏で始める。「ビートボックスができるようになれば、楽器がなくても音楽がつくれるんだ」。あっという間に子どもたちの声が音楽になっていく。

次は1人ひとりサンプラーの前に立って、その声を録音。それをテイラーがループさせてその場で鳴らしながら、そこにみんなの声を重ねていく。「ピアノ弾いてみたい人、いる?」との声に手を挙げた子どもが弾いた楽器の音も録音してループ、それも声に重ねていく。あっという間に10を超えるトラックで教室が満たされていく。自分の声や友達の声のループを見失わないように耳を澄ませた子どもたちは、完全に音楽に惹きこまれている。

「みんなの声にエフェクトをかけていくね!」。ここからがテイラー先生が音楽に魔法をかける時間。テンポを変えたり、フィルターをかけたり、チョップしたり。子どもたちの奏でた声や音がそれぞれ違う質感を纏っていく。「君が奏でてくれたシェイカーの音が最高だから、テンポを変えてパワフルにしてからここに使うよ。」なんて説明されながら、自分の声が変化していく様に笑っているとあっという間にそれが心地いいテクスチャーや刺激的なスピード感を手に入れていく。「あれ、僕の声こんなにかっこよかったっけ?」という楽しい困惑が次々に生まれてく。

「うまくできたね! Hi five!」。みんなの力をどんどん引き出してくれるテイラー。

そこにテイラーが手際よくビートや、フェンダーローズのフレーズを加え、ラップトップ上で編集していくと、ほんの15分前まではまっさらな子どもたちの声や演奏だったはずの音が徐々にグルーヴし始め、ふわふわとした浮遊感をもち始め、最高のビートミュージックに生まれ変わってしまった。

言うまでもないが、そのグルーヴに合わせ、子どもたちはもちろんのこと、付き添いの保護者の方々も体を揺らしている。テイラーを見ていると、音楽を教えていることと、自分の音楽を奏でることが自然に共存しているように見える。この日、会場にいた誰もが終始テイラーのライヴを見ていたような感覚だったのではないだろうか。そのレクチャーとライヴの境界を感じさせない彼の圧倒的な音楽の力が、何よりも大きな説得力をもたらしているように思えた。何より音楽の力が子どもたちを惹きつけていくのだ。

【午前の部の完成曲】

TAG

CreativityHeadlineNewsHuman beat boxJazzMusicNew IdeaTaylor McFerrinWorkshop

ボタンひとつで、曲の印象がどんどん変わっていく。おそるおそる機械に触っていた手が、慣れるにつれて旋律にぴったりあい、曲が進化していく。

その次には「じゃ、これをレゲエにしてみようかな。みんなレゲエは好き?」なんて言いながら、最初の素材でテイラー流のコズミックなダンスホールレゲエをつくり上げてみせる。これがあまりにあっという間の出来事で、みるみるうちにレゲエが立ち上ってくるプロダクションのスキルとセンスには会場からも驚きの声が上がっていた。そこでも「この機械を触ってみたい人いる?」と子どもたちにサンプラーを操作させて、録音された自分の声がボタンひとつでコントロールできることを確認させながら、音を操ることは簡単なんだというメッセージを体で伝えていく。

最後に「踊れる曲ばっかりだったけど、みんなのきれいな声にインスパイアされたから、きれいな曲もつくってみたくなったよ」と、子どもたちの声をまったく違うテクスチャーに変え、これまでの2曲とまったく違う手法で重ね、アンビエント/チルアウトなトラックを1曲つくり上げた。自分たちの声がまったく違う色彩を帯びていく様子を、テイラーの手元のサンプラーやラップトップを覗き込むようにして立ち上がって見ている子どもたちの姿は、音楽の力がいかに彼らの心に伝わっていたかを何よりも証明していたように思う。

【午後の部の完成曲】

「音楽は、楽しむことと自由なアイデアが大事なんだ」。自分たちの声や演奏が素晴らしい音楽に生まれ変わっていく様を楽しみながら目の前で体験できたことは、子どもたちにとってかけがえのない体験になったことだろう。「今日のことがきっかけで、みんながビートボックスやサンプラーやラップトップで音楽をつくってくれたらうれしいよ」と言うのと同時に、「ぼくも君たちと一緒に音楽をつくって、すごくインスパイアされたよ」と言っていたのも印象的だった。

音楽を通じてお互いにインスパイアされたテイラーと子どもたち、そして、それを見ていた保護者の方々やスタッフ。音楽が未来に向かって、外に向かって鳴っているのを感じたのではないだろうか。ラップトップやサンプラーでつくる音楽が、ベッドルームやダンサーのため以外に果たすことのできる新たな役割をぼくは初めて見ることができたような気がした。

柳樂光隆|Mistutaka Nagira
音楽評論家。世界最先端のジャズ・ガイド・ブック「Jazz The New Chapter」監修者。CDジャーナル、JAZZJapan、intoxicate、ミュージックマガジンなどに執筆。Taylor Mcferrin『Early Riser』、Flying Lotus『You’re Dead』ほか、ライナーノーツ多数。

いまどき"ジャズ"はこんなに面白い!
柳樂光隆・監修『Jazz The New Chapter Vol.2』発売中!

Amazonで購入する>>

今回のテイラーのレポートを執筆しくれた柳樂が監修をつとめた、21世紀のジャズガイド『Jazz The New Chapter』はテイラーをはじめ、ジャンルを超えて新しい「ジャズ」を生み出す、注目のアーティスト、アルバムが満載。テイラーの音楽を聴いて、ジャズに興味をもった方にとっては格好の水先案内となるシリーズだ。進化する音楽の最前線に本書でキャッチアップしよう。『WIRED』日本版 編集長も寄稿してます!

ワークショップ終了後には、写真撮影やサインなどに快く応じてくれたテイラー。この日の出来事はみんなの宝物になったにちがいない。

TAG

CreativityHeadlineNewsHuman beat boxJazzMusicNew IdeaTaylor McFerrinWorkshop