欧州初の「ドローン配送」実現へ:DHLが9月26日から開始

写真拡大

ドイツの運送大手DHL社は、欧州で初めて「ドローンによる配送」を開始する。薬品などの緊急の医療品を、北海沿岸にある島に輸送するサーヴィスだ。

ドイツの物流大手ドイツポストDHL社は、自社のドローン「Parcelcopter」(パーセルコプター)を、9月26日(現地時間)にドイツで初飛行させると発表した。

「欧州初の「ドローン配送」実現へ:DHLが9月26日から開始」の写真・リンク付きの記事はこちら

重量5kgで4枚の回転翼を備え、最高時速およそ64kmで飛行するこのドローンは、パイロットテストを15〜30分で終える予定だ。自律航空機がヨーロッパで物品を配送する許可を得たのは、今回が初めてだ。

DHL社によるドローンサーヴィスは、薬品などの緊急の医療品を、北海沿岸にある「ユースト島」に輸送するために使用される。

ドローンは、ドイツの運輸省と航空管制によって、Percelcopterの配送目的に限定して現在確保されている制限空域での使用を許可されている。飛行区域のほとんどが、ユースト島への12kmのルートにある開放水域だ。

ユースト島には通常はフェリーで行き来するが、フェリーが運航していないときに医療品などが必要になった場合、ドローンが荷物を運ぶことができる。1回に運べる重量は最大で1.2kgだ。

DHL社によると、1,700人の島民が暮らすコミュニティーに基本的な医療支援を行うこのサーヴィスは、天候にもよるが、9月26日から開始して10月後半まで続くという。

これが成功すれば、DHL社はアマゾンの「Prime Airプロジェクト」(日本語版記事)に対抗できる方向へ進んでいると言えるだろう。だが、ドイツの航空法によって問題を突きつけられる可能性はまだある。同国の法令では、ドローンは人口集中地域での離着陸は禁止されており、GPSを使った自律飛行は許可されず、遠隔操作による飛行が義務付けられている。また、地上15mより上空を飛ぶことも禁止されている。今回の件がドイツの航空規制の変化を表すのかどうかは、今後数カ月のうちにわかるだろう。

TAG

DeliveryDroneHeadlineNewsVideoWiredUK