低収入の人でも、まず貯金ができれば、貧乏生活から脱出することができる。ある程度まとまった資金をつくり、それを元手にして副業や投資をすることで、月給以上の収入を得ることができるという。自分に合った副業・投資を見つければ、1000万、2000万円の年収も夢ではない。

就職して1年ちょっとで
200万円貯められる

 投資をするにしても、何か副業をするにしても、まずある程度の資金を貯めなければいけません。

 私は就職して1年ちょっとで200万円以上の預金をしました。株式投資をするために貯めたのです。

 大学を卒業し、会社に就職したときの初任給は、手取りで13万円でした。

 当時は、家賃2万円以下の社宅に住んでいたので、それほど無理なく節約ができました。車は、トヨタのディーラーで35万円で購入した中古のビスタ(2000ccのディーゼルターボ)です。ディーゼル車は、ガソリン車と比べるとエンジン音がうるさいのですが、長距離運転だと燃費の伸びが大きく、リッター20キロ程度走りました。

 車検やメンテナンスはディーラーや整備工場に出すと高いため、自分でエンジンオイル交換をしたり、持ち込みのユーザー車検をして節約し、極端に維持費を減らしました。現在もそうしています。

 車の年間維持費は、保険代6万円と車検代3万円、燃料代10万円の合計19万円で、月額にすれば2万円に満たない支出です。

 光熱水費、食費、住居費、雑費は月9万円程度でまかない、残りは預金したわけですが、実際にはボーナスやたまに残業代も入るので、年間100万円以上は余裕で預金できました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)