<アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ 初日◇25日◇大利根カントリークラブ 西コース(7,102ヤード・パー71)>
 宮本勝昌いわく「ボギーを打たないオーラがある」。日本一粘り強い男が雨・風の悪条件に耐え抜き、不利な午前スタートながら初日を上位で終えた。JGA、JGTO、アジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップ」の初日。藤田寛之が3バーディ・ノーボギーの“68”をマークして、S・K・ホ(韓国)らと並ぶ2位タイにつけた。
【関連ニュース】
遼、1オーバー44位タイ発進も…「内容には手応えがある」
リッキー・ファウラー、気合いの“USA”カットでライダーカップへ
倉本昌弘が考える国内男子ツアーが盛り上がらない理由
マキロイがライダーカップで新ドライバーにスイッチ
ユーザの評価が高いアイアンは?