母死去の宮沢りえ 心労のせいか「激ヤセ」の印象も否めず

  • 宮沢りえが25日、舞台「火のようにさみしい姉がいて」に出演した
  • 黒い細身のスーツからのぞく手足はほっそりし、激やせの印象だったと筆者
  • 23日に母親の宮沢光子さんを亡くし、心労のせいか、顔もげっそりとしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング