25日、芸能リポーターの井上公造氏がTwitterで怒りをあらわにした。

井上氏が怒るきっかけとなったのは、あるTwitterユーザーの投稿。このユーザーは「他人のプライベートや気持ちを勝手に解釈して報じるなんて本当に卑劣な仕事ですね。他人の恋愛観や結婚観なんてほっとけ見苦しいし目障り」と、井上氏に対して激しい非難の言葉を浴びせていた。

すると、井上氏はこれを引用し「ちゃんと名前を名乗ろうよ!ネット書き込みだけじゃ、全く説得力ないよ」と投稿。相手が匿名であることを挙げて反論した。

続けて「匿名で批判するなら、誰でも出来る。そもそも、他人の仕事を否定する権利なんて、誰にもない。必要とされない職業だったら、需要がなくなるはず」などと持論を展開し、怒りをあらわにした。


また、同じTwitterユーザーが「低俗なゴシップにこそ名前や情報源を明らかにすべきだと思いますが」とコメントすると、井上氏は「イメージじゃなく、もっとマスコミのこと、勉強したらいかがですか?情報源を明らかになんて言ったら、笑われますよ。裁判になっても言わないのに!」などと反論。


その後も、井上氏は「そもそも、芸能は格下と言う考えが差別です。政治、経済、社会ネタ、スポーツも含め、全て同じステージに立っています。」「取材源の秘匿の意味が分からないのですか?はっきり言えるのは、SNSでも名誉毀損は成立しますから」などと、激しいやり取りを繰り広げた。



【関連記事】
三村マサカズが「モヤモヤさまぁ〜ず2」ローマロケで現地人の注目を浴びている様子をツイート
朝青龍がTwitterで「日本からは横綱は誕生しないだろう」など日本人力士の弱さ指摘
東国原英夫氏、宮崎県での講演会が「上からの圧力」で中止されたことをTwitterで告白