CA(キャビン・アテンダント)の制服愛好家は、フライト中にどこに注目しているのか。芸能界きっての航空フリーク、ミュージシャンのパラダイス山元氏はこう語る。

「CAのスカーフ、襟元は必ず注目しています。カラーや巻き方のアレンジに個性が表れますからね」

 スカーフの巻き方には、CAのキャリアを示す暗黙のルールがあるとされ、<オーソドックスな「リボン巻き」は新人だから声をかけやすい><首の横でゴージャスなフリルを作った「カーネーション巻き」は中堅以上の遊び慣れしたCAで口説こうにも手強い>といった定説があった。

「JALでは8代目制服(1996〜2004年)から巻き方は自由になりました。バラの花の形にしたり少し長く垂らしたり、各自が個性を出しています」(元JALチーフパーサーの田中元一氏)

 一方、話題となったミニスカ制服は意外なことに評価が低い。

「真の愛好家は、凛としたCAがふと見せる“隙”に魅力を感じます。身だしなみを整えているのに、ストッキングが伝線していたりすると、気分が高揚するのです」(山元氏)

 最近は「最後部座席」を狙う愛好家が多いようだ。

 元大手航空会社社員で、現在はCA情報サイト「CAファン」を運営する高野誠さん(仮名)が解説する。

「着陸後、すべての乗客が降機するまでに7〜8分あります。その間、制服姿のCAをじっくり眺め、会話して過ごすことができます。『お見合い席』だと周囲の目があってなかなか話まではできませんが、人がまばらな最後部ならそれも可能です」

 愛好家は制服鑑賞でフライトをとことん楽しんでいる。

※週刊ポスト2014年10月3日号