昭和30年代の日常まとめ 貧富の当時の差の大きさにビックリ

ざっくり言うと

  • 昭和30年代の日常を紹介している
  • 防空壕は犯罪を誘発する恐れがあったため、地元の自治会によって埋められた
  • 学校の弁当のおかずは削り節か芋の煮付けで、栄養失調の子供が多かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング