バンデラスがハリウッド引退か「母国の映画にもっと参加したいんだ」。

写真拡大

アントニオ・バンデラス(54歳)は、故郷スペインでの俳優業にもっと力を入れたいようだ。

「マスク・オブ・ゾロ」や「長ぐつをはいたネコ」など人気ハリウッド作に出演してきたバンデラスだが、より幅広い役柄が演じられることからスペインの映画業界を支援したいと考えているという。

自身が主演と製作を手掛けたSF作「オートマタ」のサン・セバスティアンでの公開の後に行われたインタビューで、バンデラスは次のように語っている。

「ハリウッドはその存在が消えてしまって、今はただのブランドとなってしまったんだ」
「僕自身そのブランドが人生にまとわりついているかもしれないけど、母国の映画にもっと参加したいんだ。この地に才能が溢れていることが見て取れるし、自分の国の人たちを信じているからね」
「ハリウッドでは僕の英語のアクセントや人種のせいで、常に一定の役柄に限られてしまうっていうことは事実だよ。ある種の役柄に一直線に行ってしまうんだ。僕はそのハンデを抱えて23年間ハリウッドでやってきたんだよ」

そんなバンデラスの新作「オートマタ」には、20年間に渡る結婚生活を経て6月に破局したメラニー・グリフィスをはじめ、ディラン・マクダーモット、ビアギッテ・ヨート・スレンセンらが出演しており、10月10日に全米公開が予定されている。