優れたコンテンツを集めるのがプラットフォームの役割ならば、そのために何をなすべきか。「これからのテレビのありかた」を考えるヒントを探ってきた本連載4回目は、クリエイターに愛されるVimeoのあり方に、学ぶ。

「優れたクリエイティヴを集めるプラットフォームのあり方は、Vimeoが教えてくれる」の写真・リンク付きの記事はこちら

「テレビをクリエイターたちのキャンバスに」。

先日Wired.jpの記事、ならびに本誌『WIRED』で紹介したパナソニックとeYeKa(アイカ)の取り組みは、動画コンテンツがあふれかえるいま、テレビというデヴァイスがどうあるべきかを問いかけるものだった。

(関連記事)人の心を動かす動画に必要なのは「マジック」と「ロジック」だ

有名無名を問わず世界中のクリエイターが集うプラットフォームeYeKaには、企業クライアントからのリクエストに応えて多彩な動画が投稿される。パナソニックがeYeKa上で展開したコンペティションには、クリエイターたちがテレビというモチーフを自由に発展させたヴィデオが集まった。

いまや誰もがネット上に自分の表現をアップし、世界とコミュニケーションできる。用いるデヴァイスはプロ用機材である必要はないし、アップするプラットフォームも、いくつもある。だからこそ、クリエイティヴが投じられるプラットフォームには明確な「目的」が必要だ。感動をシェアしたいのか、それとも瞬間をアーカイヴしておきたいのか。eYeKaのそれは「クライアントとクリエイターをつなぐ」ことにあって、プラットフォーム上でクライアントとクリエイターたちの意識を束ね、ファシリテートしていく。目的が明確だから、集まるコンテンツの純度も高くなる。

ネット上のコンテンツをどう集めていくか、そしてそのコンテンツの質をいかに高めていくかという問題は、あらゆるプラットフォームにとって大きな課題だ。

モノとしての「テレビ」は進化し、ネットワークにつながり情報端末として進化している。いわばプラットフォーム化したテレビには、どんなコンテンツが映し出されるのか。さらなるヒントを求めて、もうひとつの動画プラットフォーム、Vimeoのあり方を探った。

Vimeo、クリエイターがつくるプラットフォーム

Vimeoの歴史は、2004年11月と、YouTubeに比べて後発だ(ちなみにVimeoという名が「Video」と「Me」のアナグラムなのは、象徴的だ)。にもかかわらず彼らがそのユニークな地位を確立しているのには、クリエイティヴに造詣の深いスタッフたちの存在が大きい。

Vimeoが生まれた2004年、自身映像クリエイターであった創立者たちが望んだのは、自分たちのクリエイティヴをシェアできる場所であり、感動を共有するコミュニティだった。以来Vimeoには、インディーズの映画監督をはじめとする映像作家やデザイナーたちがこぞって自分の作品を投稿し、スタートアップたちは、自身のプロダクトを紹介するイメージヴィデオをアップしている。

その背景にあるのは、Vimeoが提供しようとするユーザー体験だ。彼らは再生の高速化や美しさの実現を求め、ヴィデオプレーヤーの設計を繰り返してきた。

結果として、例えばヴィデオのアップロードは一瞬で終わるし、HTML5をベースにしプレーヤーは、ほとんどのブラウザでのヴィデオ再生を可能にする。動画にはパスワードつきの再生制限もつけられるので、クリエイティヴをやり取りするのにも重宝する。提供する「Vimeo On Demand」サーヴィスを使えばユーザーは容易にコンテンツを販売できるのも、クリエイターにとっては嬉しいポイントだ。

さらに、Vimeoがクリエイターに愛されるのは、同社がクリエイターたちによって運営されているという点が大きい。


ある日の「STAFF PICK」。ディレクターやモデル、サウンドトラックまでが、しっかりクレジットされている。

Vimeoのユニークさを特徴づけるひとつが、スタッフによる動画のキュレーションページ「STAFF PICKS」だ。そのタグラインは、非常に印象的だ。「Carefully Cureted & Hand Picked with Love In New York City」(慎重に、ていねいに選びます。ニューヨークより愛を込めて)。そこには、タグライン通りにスタッフが集めたヴィデオが並ぶ。動画にはときに、映像に関わったクリエイターたちのクレジットが並び、その製作過程にかけたクリエイターたちのコメントが紹介されるのだ。

Vimeoのサイトで、「ABOUT」ページを覗くと、そこにはかかわるスタッフたちの顔写真がズラリと並ぶ。それらをクリックすると、ひとりひとりがお気に入りとして紹介する動画とともに、彼らがアップロードしたヴィデオを視聴できる。つまり、Vimeoのスタッフ自らが、Vimeo上の動画を自身の好みに基づいて選び、レコメンドするキュレーターであると同時に、動画をつくりアップロードするクリエイターでもあるのだ。

感動は、すぐに刈り取るのではなく、育てるもの

Vimeoでは、スタッフによるクリエイター支援も盛んだ。「Vimeo Video School」と題されているページでは、動画製作についてのノウハウが、スタッフの声による解説とともに紹介され、映像のつくり手たちのコミュニティが形成されている。

2012年には、「Vimeo Festival + Award」と題してイヴェントを開催。映像作家たちによる講演や、ワークショップなどを用意し、クリエイターが集い、学び、自らのキャリアを描く場として機能している。

アワードのグランプリを獲得した作品。ニューヨークの映像プロダクションによるヴィデオ。審査員として、レディオヘッドのベーシスト、コリン・グリーンウッドやレディー・ガガのファッションディレクター、ニコラ・フォルミケッティらが参加した。

先述したヴィデオの販売モデルしかり、アップロードするのは「自分のつくった」コンテンツに限るという強い規約しかり。そこにあるのは、クリエイターが何を望んでいるのか、プラットフォームに何を求めているのかを見据え、目的を明確にしているVimeoのありようだ。動画プラットフォームは、優れた動画がなければ成立しない。そのためには、映像のつくり手とともに歩むことが必要だと認識する。クリエイターを惹きつける魅力は、そうした姿勢にこそ宿るのだ。


長く愛される、コンテンツを生み出す

2020年に向けた想いを語る、ジュニアアスリートたち。4Kで記録されたムーヴィーは、彼らの清々しい意志を美しく伝えてくれる。動画は「ビューティフルジャパン」スペシャルサイトより。

テレビをあらゆる動画のプラットフォームとして捉えるパナソニックは、美しい動画とは何かを発信するプロジェクトを始める。それも東京オリンピックが開催される2020年までの6年間という長期にわたる取り組みだ。美しい人、美しい国をコンセプトに47都道府県を隈なく訪れ、4Kで記録していく。これまで公式チャンネルを運用していたYouTubeに加え、Vimeo上にも動画を配信する。そこで展開するのはVimeoらしい、クリエイター精神に満ちたムーヴィーだ。

「ビューティフルジャパン」スペシャルサイト|パナソニック

THE NEW TV:テレビの未来をクリエイターと考える

モノとしての「テレビ」が進化するならば、そこに映し出されるコンテンツ自体のありかたも更新されるはずだ。ではいま「4K」という高精細な表現力を手に入れたテレビは、ネットワークにつながり情報端末として進化するテレビは、ぼくらの生活に何をもたらしてくれるのか。クリエイターたちがテレビ上で果たしうる新しい実験を、追う。

第3回/リアルを超えたコミュニケーションをいかに生み出すか

テレビは、そこに映し出される映像は、「リアル」を伝えられるのか。デジタルテクノロジーを駆使しメッセージを発信し続けているファッションブランド「THEATRE PRODUCTS」(シアタープロダクツ)に訊く。

第2回/人の心を動かす動画に必要なのは「マジック」と「ロジック」だ

クリエイターと企業とをつなげる動画プラットフォーム「eYeKa」(アイカ)。世界中から映像のつくり手が集まる場を生み出したアイカの共同創業者に訊く、これからの動画に必要なものとは。

第1回/4Kテレビに何を映し出すか。それが問題だ

テレビの進化は、クリエイターのアタマを刺激する。映像のクオリティを更新し続けるテレビだからできることとは、何か。インターネット表現の可能性を拡げ続けているクリエイティヴ集団「Uniba」(ユニバ)に訊く。