テンテンコさん

写真拡大

11月8日(土)、京都・CLUB GRINDにて、サブカルチャーとポップカルチャーの融合を謳うイベント「ブンミャク」が開催される。

出演者は、横浜アリーナでの公演をもって解散したアイドルグループ・BiSの元メンバーであるテンテンコさん、カルトクイーン・アリスセイラーさん、アイドル・DJのにかもきゅさん、イラストレーターの原田ちあきさんなどといった、バラエティに富んだラインナップだ。

イベントの目玉となるのは、テンテンコさん、そして関西カルトシーンの女王として君臨するアリスセイラーさん、両名の「カルトクイーン共演」だ。

次世代のカルトクイーンとして注目されるテンテンコさん


bunmyaku

左はテンテンコさん、右はアリスセイラーさん



テンテンコさんは、尊敬するアーティストとして戸川純さん、尊敬するDJとして根本敬さんを挙げるなど、その“脱法ロリ”な見た目からは想像もできない、サブカルチャーに対する造詣の深さで知られている。

そのテンテンコさんがかねてからファンであることを公言していたアリスセイラーさんは、1982年から、京都でカルトヒロインバンド・アマリリスを結成して音楽活動を開始。

バンド解散後も、ソロとして音楽活動や映画音楽の制作、女優やマンガ執筆、コスプレ姿でのライブパフォーマンスなど、多岐に渡る精力的な活動は一部の熱狂的な支持を集めている。

テンテンコさんは、ついに初共演を果たすアリスセイラーさんに「とても会いたいですし、同じイベントに出れるなんて夢のようです!!」と大喜びのコメントを寄せている。

対するアリスセイラーさんからも「共演できるのが、とってもうれしいです。仲良くなれたらいいな!」とコメントしている。

書店までもが出演者!垣根を超えた一日を!!


bunmyaku2_r1_c1

左はにかもきゅさん、右は原田ちあきさん



さらに、自撮りメディア・zidoryなどで注目されるアイドル・DJのにかもきゅさん、心をえぐる印象的なフレーズとイラストという作風から“よいこのための悪口メーカー”の異名を持つイラストレーター・原田ちあきさん。

他にもDJやVJ、果ては関西の気鋭作家をいち早く取り上げてきた書店・オープンスペースであるシカクまでが、出演者として名前を連ねている。

テンテンコさん、アリスセイラーさんのファンのみならず、関西のサブカルチャーシーンの最前線を感じられるイベントとなる。