【WIREDの学校、今秋開講!】イノヴェイティヴな次世代クリエイター育成プログラム「ワイアード・ゼミナール」、スタートします

写真拡大

次世代のクリエイティヴを表現するためには、世の中を見る解像度を高め、見えない世界を理解することが必要だ。これからの世界を拓くクリエイターが学ぶべきモノ・コト・概念を知り、アタマを柔らかくして世界の見方を変えるために、「ワイアード・ゼミナール」と題してデジタルハリウッドとの共同プログラムを実施する。豪華な講師陣のラインナップにも注目だ。

「【WIREDの学校、今秋開講!】イノヴェイティヴな次世代クリエイター育成プログラム「ワイアード・ゼミナール」、スタートします」の写真・リンク付きの記事はこちら

今秋、『WIRED』はデジタル・ハリウッドとタッグを組み、“学校”をはじめる。その名も「ワイアード・ゼミナール クリエイティヴにいかす最先端科学入門 〜でっかいアタマで考えよう!〜」。

テクノロジーの進化は、人の生活を豊かにし社会にイノヴェイションを起こしてきた。インターネットの登場以来、ネットワークやアプリケーションを通じてわたしたちの日々の生活は日々変化してきており、いまや「クラウド」や「ビックデータ」、「シェアリング・エコノミー」といった目に見えない抽象的な概念が世の中に浸透しつつある時代に突入している。

ハードウェアなどの肉眼で認識できるものはもはや「現実」のある一部でしかなく、「不可視の世界」の存在は日に日に大きくなってきている。脳や人の五感の可能性、コンピューターの共存、宇宙の構造といった目には見えない世界を体感する時代にわたしたちは存在している。だからこそ、これからのクリエイターは表面的なグラフィックだけではなく抽象的なもの、概念的なもの、不可視なものへの理解と同時に、クリエイティヴ表現のあり方自体も根本的に考えていかなければいけない。

「見えない世界」を認識し、世界の最先端で起きているモノ、コト、概念について考えるためには、時代の変化を敏感に感じ取るだけではなくアタマを柔らかくして新しい概念や最先端の研究分野の考え方をインストールして見えない世界を理解する力を養うこと。そこに、未来のクリエイティヴの可能性がある。

今回、「ワイアード・ゼミナール クリエイティヴにいかす最先端科学入門 〜でっかいアタマで考えよう!〜」は、『WIRED』とデジタルハリウッドが本科・専科の授業内で提供する「表現の可能性を広げるため」の特別プログラムだ。1年間のプログラムでは、人間が普段感じることのできない外側や内側の世界の出来事を知り、イノヴェイティヴな発想を学ぶことができる。
 
プログラムでは、「コンピューターと人間」、「計算と直感」、「知覚と世界」、「宇宙と生命」といった4つの要素の構成をもとに授業を実施する。「コンピューターと人間」では、日々進化するコンピューターと人間との関係や、最先端の量子テレポーテーション人と機械の共存、といったテーマについて、「計算と直感」ではビックデータデータサイエンティスト数学アルゴリズムと情報建築といったテーマを学ぶことができる。「知覚と世界」では、ヴァーチャルリアリティ人の欲求、聴覚などの人間の五感の奥深さを追求し、「宇宙と生命」では、人の生命について、バイオテクノロジーや地球と太陽といった宇宙の最先端を体感することができる。各回、その分野で活躍する豪華な講師を招いて授業を行う。

デジハリの本科・専科プログラム(デザイン系専攻、CC/映像系専攻)の受講生であれば、1年間全18回の講義を無料で受講することができ、さらに各テーマ終了時にはまとめの講義や受講生によるプレゼンや課題制作に対する講評なども行う。もちろん、ゼミナールだけの聴講生としての参加も可能だ。世界のトップランナーが教鞭をとる、デジハルハリウッドでしか学べない未来の授業を通して、自身による新しいクリエイティヴの可能性を追求してみてはいかがだろうか。

ワイアード・ゼミナール クリエイティヴにいかす最先端科学入門 〜でっかいアタマで考えよう!〜

講師の方々のプロフィールなどの詳細はこちらから (ワイアード・ゼミナールのみを受講できる聴講生も募集中)

開催日時
2014年10月〜2015年8月

会場
デジタルハリウッド東京本校

授業プログラム(予定)

開講:初回授業10月開始(月1回〜2回程度の授業)
曜日:木曜日19:30〜(2時間) 土曜日18:00〜(2時間)

「コンピューターと人間」
10月23日(木) コンピューターが人類を超える日 松田卓也(宇宙物理学者・理学博士)
11月13日(木) 量子テレポーテーション 古澤明(東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻教授)
11月29日(土) インタラクションする身体。HCI 玉城絵美(HCI研究者/早稲田大学人間科学学術院助教)
12月6日(土) まとめ【1】

「計算と直感」
1月8日(木) 予定(後日発表)
1月29日(木) 数学と音楽  中島さち子(ジャズピアニスト・作曲家・数学者)
2月14日(土) 情報体系としての建築 豊田啓介(建築家/ noiz)
3月14日(土) まとめ【2】

「知覚と世界」
4月16日(木) 欲と行動の経済学 田中沙織(国際電気通信技術研究所(ATR)脳情報通信総合研究所・研究員)
4月26日(日) 「拡張する現実」の未来 稲見昌彦(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)
5月9日(土)  五感の世界、音の世界 藤原和通(サウンドアーティスト)
5月23日(土) まとめ【3】

「宇宙と生命」
6月4日(木)  バイオロジーとITとロボティクスから生まれる抗体医薬 小川隆(Molcure CEO)
6月25日(木)予定 太陽と地球、スーパーフレア 柴田一成(京都大学理研究科附属天文台 教授、台長)
7月11日(土) 「自分みたいなもの」の生命科学 上田泰己(東京大学大学院医学系研究科教授)
7月25(土) まとめ【4】

「総まとめ」
8月8日(土) 予定
8月22日(土) 予定

※プログラムは予定であり、変更となる可能性もございます。あらかじめご了承ください。