U−20W杯出場狙うU−19代表鈴木監督「仕掛けて点を取る」

写真拡大

 日本サッカー協会は24日、AFC U−19選手権に臨むU−19日本代表メンバーを発表。セレッソ大阪のFW南野拓実や浦和レッズのMF関根貴大らが選ばれた。

 チームを率いる鈴木政一監督は、チームの特長について、「相手がどう守ろうと、仕掛けて点を取る」とコメント。また、「相手がどう攻撃しようと、基本的にはボールにプレッシャーをかける。それで、次の出どころでボールを奪う積極的なサッカーをしたい」と、意気込んだ。

 大会は10月にミャンマーで行われ、上位4カ国に来年行われるU−20ワールドカップの出場権が与えられる。3大会連続でU−20ワールドカップ出場を逃している日本は、グループCに所属。10月9日にU−19中国代表と初戦を行い、11日にU−19ベトナム代表、13日にU−19韓国代表と対戦する。