写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マガジンハウスはこのほど、70周年記念事業のひとつとして、「Oliveプロジェクト」を立ち上げる。

同社は、会社設立70周年をむかえる2015年の記念事業として、今改めて雑誌「Olive」がもつ「時代性」や「共感性」に着目しプロジェクトに取り組むという。

「Olive」は1982年に創刊され、2003年までの約20年間にわたり、若い女性向けのファッションからカルチャーまで幅広く取り上げたライフスタイル雑誌。当時の読者「Olive少女」は、現在ではカルチャーや流行の発信源として、社会的な影響力をもつ大人の女性に成長し、「元・Olive少女」という独特のクラスターとして存在しているとのこと。そんな「Olive」と「元・Olive少女」たちがもつ社会への意味を再考し、それを形あるものとするために、電通をマーケティングパートナーに迎え、本プロジェクトをスタートすることになった。

まずは9月24日、「Oliveプロジェクト」としてフェイスブック上にオフィシャルページ( )を立ち上げ情報発信を行う。プロジェクトと連動した形のイベントも予定している。

2015年3月12日には、雑誌「GINZA」の別冊付録として「Olive」特別号(100P程度を予定)を発行。特別号には、スーパーバイザーとして淀川美代子氏(現「MAISHA」編集長、元「Olive」編集長)や、ゲストエディターとして 岡本仁氏(現ランドスケーププロダクツ、元「relax」編集長)ほか多数のクリエーターも迎える予定。